6.16. Xz-5.2.5

Xz パッケージは、ファイルの圧縮、伸張 (解凍) を行うプログラムを提供します。 これは lzma フォーマットおよび新しい xz 圧縮フォーマットを取り扱います。 xz コマンドによりテキストファイルを圧縮すると、従来の gzip コマンドや bzip2 コマンドに比べて、高い圧縮率を実現できます。

概算ビルド時間: 0.1 SBU
必要ディスク容量: 16 MB

6.16.1. Xz のインストール

Xz をコンパイルするための準備をします。

./configure --prefix=/usr                     \
            --host=$LFS_TGT                   \
            --build=$(build-aux/config.guess) \
            --disable-static                  \
            --docdir=/usr/share/doc/xz-5.2.5

パッケージをコンパイルします。

make

パッケージをインストールします。

make DESTDIR=$LFS install

基本的なファイルをすべて、適切なディレクトリに移動します。

mv -v $LFS/usr/bin/{lzma,unlzma,lzcat,xz,unxz,xzcat}  $LFS/bin
mv -v $LFS/usr/lib/liblzma.so.*                       $LFS/lib
ln -svf ../../lib/$(readlink $LFS/usr/lib/liblzma.so) $LFS/usr/lib/liblzma.so

本パッケージの詳細は 「Xz の構成」を参照してください。