6.12. Make-4.3

Make パッケージは、対象となるパッケージのソースファイルを用いて、実行モジュールやそれ以外のファイルの生成、管理を行うプログラムを提供します。

概算ビルド時間: 0.1 SBU
必要ディスク容量: 16 MB

6.12.1. Make のインストール

Make をコンパイルするための準備をします。

./configure --prefix=/usr   \
            --without-guile \
            --host=$LFS_TGT \
            --build=$(build-aux/config.guess)

configure オプションの意味

--without-guile

ここではクロスコンパイルをしているにもかかわらず、ビルドホスト内に guile が存在すると configure がそれを見つけて利用しようとします。 そうなってしまうとコンパイルが失敗します。 そこで本スイッチにより、そうならないようにします。

パッケージをコンパイルします。

make

パッケージをインストールします。

make DESTDIR=$LFS install

本パッケージの詳細は 「Make の構成」を参照してください。