4.4. 環境設定

作業しやすい動作環境とするために bash シェルに対するスタートアップファイルを二つ作成します。 lfs ユーザーでログインして、以下のコマンドによって .bash_profile ファイルを生成します。

cat > ~/.bash_profile << "EOF"
exec env -i HOME=$HOME TERM=$TERM PS1='\u:\w\$ ' /bin/bash
EOF

lfs ユーザーとしてログインした時、起動されるシェルは普通はログインシェルとなります。 この時、ホストシステムの /etc/profile ファイル (おそらく環境変数がいくつか定義されている) と .bash_profile が読み込まれます。 .bash_profile ファイル内の exec env -i.../bin/bash というコマンドが、起動しているシェルを全くの空の環境として起動し直し HOMETERMPS1 という環境変数だけを設定します。 これはホストシステム内の不要な設定や危険をはらんだ設定を、ビルド環境に持ち込まないようにするためです。 このようにすることできれいな環境作りを実現できます。

新しく起動するシェルはログインシェルではなくなります。 したがってこのシェルは /etc/profile ファイルや .bash_profile ファイルの内容を読み込んで実行することはなく、代わりに .bashrc ファイルを読み込んで実行します。 そこで以下のようにして .bashrc ファイルを生成します。

cat > ~/.bashrc << "EOF"
set +h
umask 022
LFS=/mnt/lfs
LC_ALL=POSIX
LFS_TGT=$(uname -m)-lfs-linux-gnu
PATH=/usr/bin
if [ ! -L /bin ]; then PATH=/bin:$PATH; fi
PATH=$LFS/tools/bin:$PATH
CONFIG_SITE=$LFS/usr/share/config.site
export LFS LC_ALL LFS_TGT PATH CONFIG_SITE
EOF

.bashrc 内の設定の意味

set +h

set +h コマンドは bash のハッシュ機能を無効にします。 通常このハッシュ機能は有用なものです。 実行ファイルのフルパスをハッシュテーブルに記憶しておき、再度そのパスを探し出す際に PATH 変数の探査を省略します。 しかしこれより作り出すツール類はインストール直後にすぐ利用していきます。 ハッシュ機能を無効にすることで、プログラム実行が行われる際に、シェルは必ず PATH を探しにいきます。 つまり $LFS/tools ディレクトリ以下に新たに構築したツール類は必ず実行されるようになるわけです。 そのツールの古いバージョンがどこか別のディレクトリにあったとしても、その場所を覚えていて実行されるということがなくなります。

umask 022

ユーザーのファイル生成マスク (file-creation mask; umask) を 022 にセットするのは、新たなファイルやディレクトリの生成はその所有者にのみ許可し、他者は読み取りと実行を可能とするためです。 (システムコール open(2) にてデフォルトモードが適用される場合、新規生成ファイルのパーミッションモードは 644、同じくディレクトリは 755 となります。)

LFS=/mnt/lfs

環境変数 LFS は常に指定したマウントポイントを指し示すように設定します。

LC_ALL=POSIX

LC_ALL 変数は特定のプログラムが扱う国情報を制御します。 そのプログラムが出力するメッセージを、指定された国情報に基づいて構成します。 LC_ALL 変数はPOSIXCにセットしてください。 (両者は同じです。) そのようにセットしておけば、chroot 環境下での作業が問題なく進められます。

LFS_TGT=(uname -m)-lfs-linux-gnu

LFS_TGT 変数は標準にないマシン名称を設定します。 しかしこれはこの先、クロスコンパイラーやクロスリンカーの構築、これを用いたツールチェーンの構築の際に、うまく動作させるための設定です。 詳しくは ツールチェーンの技術的情報にて説明しているので参照してください。

PATH=/usr/bin

最近の Linux ディストリビューションでは /bin/usr/bin をマージしているものが多くあります。 その場合、第 6 章 に対しての標準の PATH 変数は /usr/bin/ に設定するだけで十分です。 そうでない場合は、パスに対して /bin を加える必要があります。

if [ ! -L /bin ]; then PATH=/bin:$PATH; fi

/bin がシンボリックリンクではないは PATH 変数に加える必要があります。

PATH=$LFS/tools/bin:$PATH

$LFS//tools/bin ディレクトリを PATH 変数の先頭に設定します。 第 5 章の冒頭においてインストールしたクロスコンパイラーは、インストールした直後からシェル上から実行できるようになります。 この設定を行うことで、ハッシュ機能をオフにしたことと連携して、ホスト上のコンパイラーが利用されないようにします。

CONFIG_SITE=$LFS/usr/share/config.site

第 5 章第 6 章 においてこの変数を設定しておかないと、ディストリビューションによっては configure スクリプトが、ホストシステム上の /usr/share/config.site から設定項目を取得してしまうことがあります。 ホストの影響が及ばないようにここでオーバーライドします。

export ...

上のコマンド実行は、設定済の変数を改めて設定するものになりますが、シェルを新たに呼び出しても確実に設定されるようにエクスポートを行うことにします。

[重要]

重要

商用ディストリビューションの中には、bash の初期化を行うスクリプトとして、ドキュメント化されていない /etc/bash.bashrc というものを加えているものがあります。 このファイルは lfs ユーザー環境を修正してしまう可能性があります。 それにより LFS にとっての重要パッケージのビルドに支障をきたすことがあります。 lfs ユーザー環境をきれいに保つため、/etc/bash.bashrc というファイルが存在しているかどうかを確認してください。 そして存在していたらファイルを移動させてください。 root ユーザーになって以下を実行します。

[ ! -e /etc/bash.bashrc ] || mv -v /etc/bash.bashrc /etc/bash.bashrc.NOUSE

第 7 章 の冒頭において lfs ユーザーの利用を終えたとき(必要であれば)/etc/bash.bashrc を元に戻してください。

なお 「Bash-5.0」 においてビルドした、LFS における Bash パッケージは、/etc/bash.bashrc をロードしたり読み取ったりするように設定されていません。 したがって完璧な LFS システムであれば、このファイルは不要なものです。

一時的なツールを構築する準備の最後として、今作り出したユーザープロファイルを source によって取り込みます。

source ~/.bash_profile