6.25. Attr-2.4.48

attr パッケージは、ファイルシステム上のオブジェクトに対しての拡張属性を管理するユーティリティを提供します。

概算ビルド時間: 0.1 SBU 以下
必要ディスク容量: 4.2 MB

6.25.1. Attr のインストール

Attr をコンパイルするための準備をします。

./configure --prefix=/usr     \
            --bindir=/bin     \
            --disable-static  \
            --sysconfdir=/etc \
            --docdir=/usr/share/doc/attr-2.4.48

パッケージをコンパイルします。

make

テストは、ext2, ext3, ext4 のような拡張属性をサポートしているファイルシステム上にて実施する必要があります。 テストを実施するには以下を実行します。

make check

パッケージをインストールします。

make install

共有ライブラリは /lib に移動させます。 これにより /usr/lib にある .so ファイルを再生成します。

mv -v /usr/lib/libattr.so.* /lib
ln -sfv ../../lib/$(readlink /usr/lib/libattr.so) /usr/lib/libattr.so

6.25.2. Attr の構成

インストールプログラム: attr, getfattr, setattr
インストールライブラリ: libattr.so
インストールディレクトリ: /usr/include/attr, /usr/share/doc/attr-2.4.48

概略説明

attr

ファイルシステム上のオブジェクトに対して、属性を拡張します。

getfattr

ファイルシステム上のオブジェクトに対して、拡張属性の情報を取得します。

setattr

ファイルシステム上のオブジェクトに対して、拡張属性の情報を設定します。

libattr

拡張属性を制御するライブラリ関数を提供します。