5.18. Bzip2-1.0.8

Bzip2 パッケージはファイル圧縮、伸長 (解凍) を行うプログラムを提供します。 テキストファイルであれば、これまでよく用いられてきた gzip に比べて bzip2 の方が圧縮率の高いファイルを生成できます。

概算ビルド時間: 0.1 SBU 以下
必要ディスク容量: 6.4 MB

5.18.1. Bzip2 のインストール

Bzip2 パッケージには configure がなく、Makefile が 2 つあります。 その 1 つは共有ライブラリ用、もう 1 つはスタティックライブラリ用です。 両方とも利用するので、コンパイルを 2 回行います。 まずは共有ライブラリからです。

make -f Makefile-libbz2_so
make clean

The meaning of the make parameter:

-f Makefile-libbz2_so

通常とは違う Makefile ファイルを使って Bzip2 をビルドするものであり、この場合 Makefile-libbz2_so というファイルを使います。 これは動的ライブラリ libbz2.so を生成するものであり、Bzip2 ユーティリティをこれにリンクします。

パッケージのビルドとテストを以下により行います。

make

パッケージをインストールします。

make PREFIX=/tools install
cp -v bzip2-shared /tools/bin/bzip2
cp -av libbz2.so* /tools/lib
ln -sv libbz2.so.1.0 /tools/lib/libbz2.so

本パッケージの詳細は 6.12.2.「Bzip2 の構成」を参照してください。