6.17. Binutils-2.38 - 2回め

Binutils パッケージは、リンカーやアセンブラーなどのようにオブジェクトファイルを取り扱うツール類を提供します。

概算ビルド時間: 1.3 SBU
必要ディスク容量: 520 MB

6.17.1. Binutils のインストール

Binutils の tarball では、古い libtool のコピーが提供されています。 これは sysroot サポートが行われていないので、ビルドされるバイナリが誤ってホストディストロのライブラリにリンクされてしまいます。 この問題を以下により回避します。

sed '6009s/$add_dir//' -i ltmain.sh

ビルドのためのディレクトリを再び生成します。

mkdir -v build
cd       build

Binutils をコンパイルするための準備をします。

../configure                   \
    --prefix=/usr              \
    --build=$(../config.guess) \
    --host=$LFS_TGT            \
    --disable-nls              \
    --enable-shared            \
    --disable-werror           \
    --enable-64-bit-bfd

configure オプションの意味

--enable-shared

libbfd を共有ライブラリとしてビルドします。

--enable-64-bit-bfd

64 ビットサポートを有効にします(ホスト上にて、より小さなワードサイズとします)。 64 ビットシステムにおいては不要ですが、不具合を引き起こすものではありません。

パッケージをコンパイルします。

make

パッケージをインストールします。

make DESTDIR=$LFS install

本パッケージの詳細は 「Binutils の構成」を参照してください。