Tepl-5.0.1

Tepl の概要

The Tepl package contains a library that eases the development of GtkSourceView-based text editors and IDEs.

本パッケージは LFS-10.1 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

Tepl の依存パッケージ

必須

amtk-5.2.0, gtksourceview4-4.8.0, ICU-68.2, uchardet-0.0.7

任意

GTK-Doc-1.33.2 (for documentation) and Valgrind-3.16.1

ユーザー情報: http://wiki.linuxfromscratch.org/blfs/wiki/tepl

Tepl のインストール

以下のコマンドを実行して Tepl をビルドします。

mkdir build &&
cd    build &&

meson --prefix=/usr .. &&
ninja

ビルド結果をテストする場合は ninja test を実行します。

root ユーザーになって以下を実行します。

ninja install

コマンド説明

-Dgtk_doc=true: Use this option if GTK-Doc is installed and you wish to build and install the API documentation.

パッケージ構成

インストールプログラム: なし
インストールライブラリ: libtepl-5.so
インストールディレクトリ: /usr/include/tepl-5, /usr/share/gtk-doc/html/tepl-5.0

概略説明

libtepl-5.so

contains convenience functions for GtkSourceView4-based programs

最終更新日: 2021-02-23 14:05:47 +0900