GTK+-2.24.32

GTK+ 2 の概要

Gtk+ 2 パッケージは、アプリケーションにおけるグラフィカルユーザーインターフェースの構築のために利用されるライブラリを提供します。

本パッケージは LFS-8.3 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

GTK+ 2 の依存パッケージ

必須

ATK-2.29.2, gdk-pixbuf-2.38.0, Pango-1.42.4

推奨

任意

Cups-2.2.8, DocBook-utils-0.6.14, gobject-introspection-1.58.0 and GTK-Doc-1.29

[注記]

注記

If gobject-introspection-1.58.0 was installed after ATK-2.29.2, gdk-pixbuf-2.38.0, and/or Pango-1.42.4, those packages will have to be rebuilt before this package can be built.

ユーザー情報: http://wiki.linuxfromscratch.org/blfs/wiki/gtk+2

GTK+ 2 のインストール

以下のコマンドを実行して GTK+ 2 をビルドします。

sed -e 's#l \(gtk-.*\).sgml#& -o \1#' \
    -i docs/{faq,tutorial}/Makefile.in      &&

./configure --prefix=/usr --sysconfdir=/etc &&

make

ビルド結果をテストする場合は make check を実行します。 テストを実施する場合は X ウィンドウシステム内にて行う必要があります。 (つまり、テキストベースのターミナル、コンソール画面からは行ってはなりません。) テストでは X ウィンドウを開くことが行われるためであり、X ウィンドウがなければこのテストにかなりの時間を要します。 X ウィンドウがあれば 0.3 SBU 程度の時間でテストが終わります。

root ユーザーになって以下を実行します。

make install
[注記]

注記

DESTDIR」 を指定する方法により本パッケージをインストールすると、重要なファイルがインストールされません。 このファイルはコピーまたは生成されていなければなりません。 これを正しく行うために、root ユーザーになって以下を実行してください。

gtk-query-immodules-2.0 --update-cache

コマンド説明

sed -i 's#l \(gtk-.*\).sgml#& -o \1#' docs/{faq,tutorial}/Makefile.in: DocBook-utils-0.6.14 をインストールしていると (正確には configure が db2html を検出すると) これを利用して HTML 形式のドキュメントを生成しようとします。 ただし Makefile にバグがあるため、ドキュメント生成に失敗します。 ここで行う sed 処理は Makefile を修正するものです。

--enable-gtk-doc: GTK-Doc をインストール済で API ドキュメントを再構築する場合に指定します。

GTK+ 2 の設定

設定ファイル

~/.gtkrc-2.0, /etc/gtk-2.0/gtkrc, /usr/share/gtk-2.0/gtkrc

設定情報

GTK+ 2 themes change the way a GTK+ 2 application looks. A GTK+ 2 icon theme can be used to change the icons that appear on the application's toolbar. If you have installed a GTK+ 2 theme (such as gnome-themes or GTK Engines-2.20.2), a GTK+ icon theme (such as adwaita-icon-theme-3.26.1) you can set your preferences in ~/.gtkrc-2.0:

cat > ~/.gtkrc-2.0 << "EOF"
include "/usr/share/themes/Glider/gtk-2.0/gtkrc"
gtk-icon-theme-name = "hicolor"
EOF

数多くのテーマが Gnome-Look.org や他のサイトより入手可能です。

Once you've settled on themes you like, you can (as the root user) make them the default system wide:

cat > /etc/gtk-2.0/gtkrc << "EOF"
include "/usr/share/themes/Clearlooks/gtk-2.0/gtkrc"
gtk-icon-theme-name = "elementary"
EOF

LXAppearance-0.6.3 is a GTK+ 2 application that can help you choose the themes you like.

パッケージ構成

インストールプログラム: gtk-builder-convert, gtk-demo, gtk-query-immodules-2.0, gtk-update-icon-cache
インストールライブラリ: libgailutil.so, libgdk-x11-2.0.so, libgtk-x11-2.0.so
インストールディレクトリ: /etc/gtk-2.0, /usr/include/{gail-1.0,gtk-2.0,gtk-unix-print-2.0}, /usr/lib/gtk-2.0, /usr/share/doc/gtk+-2.24.32, /usr/share/gtk-2.0, /usr/share/gtk-doc/html/{gail-libgail-util,gdk2,gtk2}, /usr/share/themes/{Default,Emacs,Raleigh}

概略説明

gtk-builder-convert

converts glade files into XML files which can be loaded with GtkBuilder.

gtk-demo

demonstrates GTK+ 2 functionality and provides code for the examples.

gtk-query-immodules-2.0

collects information about loadable input method modules for GTK+ 2 and writes it to standard output.

gtk-update-icon-cache

creates mmap()able cache files for icon themes. Starting with gtk+-2.24.24, add the flag 「--include-image-data」 to this command, if you wish previous behavior, with image data in the cache.

libgdk-x11-2.0.so

contains functions that act as a wrapper around the low-level drawing and windowing functions provided by the underlying graphics system.

libgtk-x11-2.0.so

contains functions that provide an API to implement graphical user interfaces.

最終更新日: 2018-08-20 06:04:57 +0900