paps-0.6.8

paps の概要

paps は、テキストファイルから PostScript へのコンバーターです。 これは Pango による処理を通じて実現されます。 その入力は UTF-8 エンコーディングによるファイルであり、出力はベクトル化された PostScript となります。 Pango によってサポートされているスクリプトであれば、複雑なものであっても印刷することができます。

本パッケージは LFS-8.0 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

paps の依存パッケージ

必須

Pango-1.40.10

任意

Doxygen-1.8.13

ユーザー情報: http://wiki.linuxfromscratch.org/blfs/wiki/Paps

paps のインストール

以下のコマンドを実行して paps をビルドします。

./configure --prefix=/usr --mandir=/usr/share/man &&
make

ビルド結果をテストする場合は src/test_libpaps > test.ps を実行します。 出力された PostScript ファイルを PostScript ビューアーで開きます。 そしてソースツリー内にある doxygen-doc/html/example-output.png と比較してください。 The results of the output will be more robust with Dejavu fonts and some of the Chinese fonts and Japanese fonts.

root ユーザーになって以下を実行します。

make install &&
install -v -m755 -d                 /usr/share/doc/paps-0.6.8 &&
install -v -m644 doxygen-doc/html/* /usr/share/doc/paps-0.6.8

パッケージ構成

インストールプログラム: paps
インストールライブラリ: libpaps.a
インストールディレクトリ: /usr/share/doc/paps-0.6.8

概略説明

paps

UTF-8 エンコーディングをサポートした、テキストファイルから PostScript へのコンバーターです。

最終更新日: 2017-08-16 03:49:48 +0900