LFS 設定以降について

LFS の目的は基本的なシステムを作り上げることであり、既に構築済のことでしょう。 基本的に出来上がったなら、これをきれいに仕上げていく内容をいくつか説明していきます。 本章にて十分に説明できているものと考えています。

Unix 的ではない環境から Linux に移ってきた方の中には、テキストの設定ファイルを通じてシステム設定を行うことを奇異に感じる方が多いようです。 Linux では In Linux, just about all configuration is done via the manipulation of text files. The majority of these files can be found in the /etc hierarchy. There are often graphical configuration programs available for different subsystems but most are simply pretty front ends to the process of editing a text file. The advantage of text-only configuration is that you can edit parameters using your favorite text editor, whether that be vim, emacs, or any other editor.

The first task is making a recovery boot device in 独自のブートデバイスの生成 because it's the most critical need. Hardware issues relevant to firmware and other devices is addressed next. The system is then configured to ease addition of new users, because this can affect the choices you make in the two subsequent topics—Bash シェルの初期起動ファイル and vimrc ファイル.

この他のトピックとして /etc/issue を使ったログオン画面のカスタマイズ, and Autofs-5.1.3 について順に説明します。 これらについては互いに関連はありません。

目次