ヘルプと FAQ の確認

本書を利用した作業の中で何か問題が発生した場合、そしてその問題が FAQ (http://www.linuxfromscratch.org/faq) に上がっていない場合は、インターネットリレーチャット (IRC) やメーリングリストに参加している方々が、あなたの手助けをしてくれるかもしれません。 LFS のメーリングリストに関しては メーリングリスト に示されています。 あなたが抱える問題を的確に把握し解決していくために、質問にあたっては出来る限り十分な情報を含めてください。

質問する前に確認すること

質問を投げる前に以下の項目を確認してください。

  • ハードウェアをサポートする機能がカーネルに含まれてビルドされていますか? またはカーネルモジュールとしてビルドされていますか? カーネルモジュールである場合、modprobe.conf にて適切に設定され、ロードもできていますか? root ユーザーになって lsmod コマンドを使えば、ロードできているかどうかは確認することができます。 sys.log ファイルを確認するか、modprobe <driver> を実行し、エラーがないかを確認してください。 正しくロードできているなら、ブートスクリプトに modprobe コマンドを追加すべきかもしれません。

  • 特にデバイスに対してのパーミッションは適切に設定していますか? LFS uses groups to make these settings easier, but it also adds the step of adding users to groups to allow access. A simple usermod -G audio <user> may be all that's necessary for that user to have access to the sound system. Any question that starts out with 「It works as root, but not as ...」 requires a thorough review of permissions prior to asking.

  • BLFS では /opt/<パッケージ> というディレクトリを自由に用いることができます。 The main objection to this centers around the need to expand your environment variables for each package placed there (e.g., PATH=$PATH:/opt/kde/bin). In most cases, the package instructions will walk you through the changes, but some will not. The section called 「BLFS のその先」 is available to help you check.

特記事項

問題が発生し問い合わせをする場合には、以下に示す基本的な情報を含めてください。

  • お使いの本ブックのバージョン。 (本書の場合 2017-08-22)

  • 問題が発生したパッケージ、または本書内の該当の章または節。

  • 問題となったエラーメッセージや状況に対する詳細な情報。

  • 本書や LFS ブックどおりに作業しているか、逸脱していないかの情報。

  • BLFS パッケージ類を LFS システム以外にてインストールしているかどうか。

(Note that saying that you've deviated from the book doesn't mean that we won't help you. It'll just help us to see other possible causes of your problem.)

Expect guidance instead of specific instructions. If you are instructed to read something, please do so. It generally implies that the answer was way too obvious and that the question would not have been asked if a little research was done prior to asking. The volunteers in the mailing list prefer not to be used as an alternative to doing reasonable research on your end. In addition, the quality of your experience with BLFS is also greatly enhanced by this research, and the quality of volunteers is enhanced because they don't feel that their time has been abused, so they are far more likely to participate.

An excellent article on asking for help on the Internet in general has been written by Eric S. Raymond. It is available online at http://www.catb.org/~esr/faqs/smart-questions.html. Read and follow the hints in that document and you are much more likely to get a response to start with and also to get the help you actually need.

最終更新日: 2009-09-25 14:43:37 +0900