Gjs-1.52.3

Gjs の概要

GjsGNOME における Javascript バインディングです。

本パッケージは LFS-8.3 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

Gjs の依存パッケージ

必須

Cairo-1.14.12, dbus-1.12.10, gobject-introspection-1.58.0, js52-52.2.1gnome1

Recommended (required for GNOME)

任意

Valgrind-3.13.0 (テストのため), DTrace, LCOV, Systemtap

ユーザー情報: http://wiki.linuxfromscratch.org/blfs/wiki/gjs

Gjs の概要

以下のコマンドを実行して Gjs をビルドします。

./configure --prefix=/usr &&
make

ビルド結果をテストする場合は make check を実行します。 Xorg セッション内でテスト実行しないと GTKCairo のテストは失敗します。

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

パッケージ構成

インストールプログラム: gjs (シンボリックリンク), gjs-console
インストールライブラリ: libgjs.so
インストールディレクトリ: /usr/include/gjs-1.0, /usr/lib/gjs, /usr/share/gjs-1.0

概略説明

gjs-console

contains a console to run JavaScript commands.

libgjs.so

contains the GNOME JavaScript bindings.

最終更新日: 2018-08-31 04:27:14 +0900