AccountsService-0.6.45

AccountsService の概要

AccountsService パッケージは、一連の D-Bus インターフェースを通じて、ユーザーアカウント情報を検索したり操作したりします。 また usermod(8), useradd(8), userdel(8) といったコマンドに準拠した、上記インターフェースの実装を提供します。

本パッケージは LFS-8.0 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

AccountsService の依存パッケージ

必須

Polkit-0.113+git_2919920+js38

推奨

任意

GTK-Doc-1.26, xmlto-0.0.28

ユーザー情報: http://wiki.linuxfromscratch.org/blfs/wiki/accountsservice

AccountsService のインストール

以下のコマンドを実行して AccountsService をビルドします。

./configure --prefix=/usr            \
            --sysconfdir=/etc        \
            --localstatedir=/var     \
            --enable-admin-group=adm \
            --disable-static         &&
make

このパッケージにテストスイートはありません。

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

コマンド説明

--enable-admin-group=adm: このスイッチは管理者権限に対するグループを設定します。

--enable-docbook-docs: This switch enables building the D-Bus interface API documentation.

--disable-static: このスイッチはスタティックライブラリをインストールしないようにします。

--enable-gtk-doc: GTK-Doc をインストール済で API ドキュメントを再構築する場合に指定します。

Configuring AccountsService

Systemd Units

To start the accounts-daemon daemon at boot, enable the previously installed systemd unit by running the following command as the root user:

systemctl enable accounts-daemon

パッケージ構成

インストールプログラム: accounts-daemon (library executable)
インストールライブラリ: libaccountsservice.so
インストールディレクトリ: /usr/include/accountsservice-1.0, /usr/share/doc/accountsservice, /usr/share/gtk-doc/html/libaccountsservice, /var/lib/AccountsService

概略説明

accounts-daemon

AccountsService デーモン。

libaccountsservice.so

AccountsService API 関数を提供します。

最終更新日: 2017-08-16 03:49:48 +0900