Wayland-1.16.0

Wayland の概要

Wayland is a project to define a protocol for a compositor to talk to its clients as well as a library implementation of the protocol.

本パッケージは LFS-8.3 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

Wayland の依存パッケージ

必須

libxml2-2.9.8

任意

Doxygen-1.8.14, Graphviz-2.40.1, xmlto-0.0.28 (API ドキュメント生成のため), docbook-xml-4.5, docbook-xsl-1.79.2, libxslt-1.1.32 (man ページ生成のため)

ユーザー情報: http://wiki.linuxfromscratch.org/blfs/wiki/wayland

Wayland のインストール

以下のコマンドを実行して Wayland をビルドします。

./configure --prefix=/usr    \
            --disable-static \
            --disable-documentation &&
make

ビルド結果をテストする場合は make check を実行します。

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

コマンド説明

--disable-static: このスイッチはスタティックライブラリをインストールしないようにします。

--disable-documentation: このスイッチは API ドキュメントをビルドしないようにします。 任意の依存パッケージをインストールしている場合は、これを取り除いてください。

パッケージ構成

インストールプログラム: wayland-scanner
インストールライブラリ: libwayland-client.so, libwayland-cursor.so, libwayland-server.so
インストールディレクトリ: /usr/share/wayland

概略説明

wayland-scanner

is a tool to generate proxy methods in wayland-client-protocol.h and wayland-server-protocol.h

libwayland-client.so

contains API functions for writing Wayland applications.

libwayland-cursor.so

contains API functions for managing cursors in Wayland applications.

libwayland-server.so

contains API functions for writing Wayland compositors.

最終更新日: 2015-07-31 23:26:22 -0500