Tk-8.6.7

Tk の概要

Tk パッケージは TCL GUI ツールキットです。

本パッケージは LFS-8.1 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

Tk の依存パッケージ

必須

Tcl-8.6.7, Xorg ライブラリ

ユーザー情報: http://wiki.linuxfromscratch.org/blfs/wiki/tk

Tk のインストール

以下のコマンドを実行して Tk をビルドします。

cd unix &&
./configure --prefix=/usr \
            --mandir=/usr/share/man \
            $([ $(uname -m) = x86_64 ] && echo --enable-64bit) &&

make &&

sed -e "s@^\(TK_SRC_DIR='\).*@\1/usr/include'@" \
    -e "/TK_B/s@='\(-L\)\?.*unix@='\1/usr/lib@" \
    -i tkConfig.sh

Running the tests is not recommended. Failures will be reported during the tests, depending on the screen resolution/capabilities, fonts installed and other X related parameters, but the end report can show 0 failures. Some tests will steal focus and some might crash your X Server. To test the results anyway, issue: make test. Ensure you run it from an X Window display device with the GLX extensions loaded, but even so, tests might hang.

root ユーザーになって以下を実行します。

make install &&
make install-private-headers &&
ln -v -sf wish8.6 /usr/bin/wish &&
chmod -v 755 /usr/lib/libtk8.6.so

コマンド説明

$([ $(uname -m) = x86_64 ] && echo --enable-64bit): This switch is used to enable 64 bit support in Tk on 64 bit operating systems.

make install-private-headers: このコマンドは Tk ライブラリのインターフェースヘッダーをインストールします。 これにより、Tk ライブラリにリンクされる他のパッケージがそのヘッダーファイルを利用できるようになります。

ln -v -sf wish8.6 /usr/bin/wish: このコマンドは wish8.6 ファイルへのシンボリックリンクを生成します。 他の多くのパッケージが、ファイル名として wish を求めているためです。

sed -e ... tkConfig.sh: The Tk package expects that its source tree is preserved so that packages depending on it for their compilation can utilize it. This sed removes the references to the build directory and replaces them with saner system-wide locations.

パッケージ構成

インストールプログラム: wish, wish8.6
インストールライブラリ: libtk8.6.so, libtkstub8.6.a
インストールディレクトリ: /usr/lib/tk8.6

概略説明

wish

wish8.6 プログラムへのシンボリックリンク。

wish8.6

Tk ツールキットを含む単純なシェルスクリプト。 メインウィンドウを生成し、Tcl コマンドを実行することができます。

libtk8.6.so

Tk が必要とする API 関数を提供します。

最終更新日: 2017-08-21 07:06:11 +0900