Poppler-0.67.0

Poppler の概要

Poppler パッケージは、PDF ファイルを操作するためのライブラリ、またはコマンドラインツールを提供します。 PDF レンダリング機能を、共有ライブラリとして提供します。

本パッケージは LFS-8.3 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

  • ダウンロード (HTTP): https://poppler.freedesktop.org/poppler-0.67.0.tar.xz

  • ダウンロード MD5 sum: bcfbdcaca2a1f72435e4aaa3c06664ca

  • ダウンロードサイズ: 1.4 MB

  • 必要ディスク容量: 60 MB (with Qt5 library and tests)

  • 概算ビルド時間: 0.6 SBU (with parallelism=4, Qt5 library, and tests)

追加のダウンロード

Poppler エンコーディングデータ

追加のパッケージは、Poppler にて利用するエンコーディングデータです。 このファイルは任意であり、Poppler はこのファイルがあれば自動的に読み込んで利用します。 このファイルがインストールされていれば、Poppler において CJK やキリル文字を適切に処理できるようになります。

Poppler の依存パッケージ

必須

CMake-3.12.1, Fontconfig-2.13.1

推奨

任意

cURL-7.61.0, gdk-pixbuf-2.38.0, git-2.18.0 (for downloading test files), gobject-introspection-1.58.0, GTK-Doc-1.29, GTK+-3.24.0, LibTIFF-4.0.9, Qt-5.11.1 (required for PDF support in Okular-18.08.0)

ユーザー情報: http://wiki.linuxfromscratch.org/blfs/wiki/poppler

Poppler のインストール

以下のコマンドを実行して Poppler をビルドします。

mkdir build                         &&
cd    build                         &&

cmake  -DCMAKE_BUILD_TYPE=Release   \
       -DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr  \
       -DTESTDATADIR=$PWD/testfiles \
       -DENABLE_XPDF_HEADERS=ON     \
       ..                           &&
make

In order to run the test suite, some testcases are needed and can be obtained only from a git repository. The command to download them is: git clone git://git.freedesktop.org/git/poppler/test testfiles. Then issue: LC_ALL=en_US.UTF-8 make test. Only the Qt5 libraries are tested.

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

ドキュメントをインストールするために root となって以下を実行します。

install -v -m755 -d           /usr/share/doc/poppler-0.67.0 &&
cp -vr ../glib/reference/html /usr/share/doc/poppler-0.67.0

Poppler Data

追加のエンコーディングデータをダウンロードしている場合は以下のコマンドを実行してインストールします。

tar -xf ../../poppler-data-0.4.9.tar.gz &&
cd poppler-data-0.4.9

root ユーザーになって以下を実行します。

make prefix=/usr install

コマンド説明

-DCMAKE_BUILD_TYPE=Release: This switch is used to apply a higher level of compiler optimizations.

-DTESTDATADIR=$PWD/testfiles: Tell the test programs where the auxiliary files are located.

-DENABLE_XPDF_HEADERS=ON: Install some old Xpdf headers required by certain programs (e.g. Okular, LibreOffice and Inkscape).

LC_ALL=en_US.UTF-8 make test: Run the test suite. The environment variable LC_ALL=en_US.UTF-8 is only needed if the default locale does not include UTF-8.

パッケージ構成

インストールプログラム: pdfdetach, pdffonts, pdfimages, pdfinfo, pdfseparate, pdfsig, pdftocairo, pdftohtml, pdftoppm, pdftops, pdftotext, pdfunite
インストールライブラリ: libpoppler.so, libpoppler-cpp.so, libpoppler-glib.so, libpoppler-qt5.so
インストールディレクトリ: /usr/include/poppler, /usr/share/poppler, /usr/share/doc/poppler-0.67.0

概略説明

pdfdetach

lists or extracts embedded files from PDF files.

pdffonts

lists the fonts used in a PDF file along with various information for each font.

pdfimages

saves images from a PDF file as PPM, PBM, or JPEG files.

pdfinfo

prints the contents of the 'Info' dictionary (plus some other useful information) from a PDF file.

pdfseparate

extracts single pages from a PDF file.

pdfsig

verifies the digital signatures in a PDF document.

pdftocairo

converts a PDF file to one of several formats (PNG, JPEG, PDF, PS, EPS, SVG) using the cairo output device of the poppler library.

pdftohtml

converts a PDF file to HTML.

pdftoppm

converts PDF files to PBM, PGM and PPM formats.

pdftops

converts PDF files to Postscript format.

pdftotext

converts PDF files to plain text.

pdfunite

merges several PDF files, in the order of their occurrence on the command line, to one PDF output file.

libpoppler.so

レンダリング PDF ファイルに対する API 関数を提供します。

libpoppler-cpp.so

レンダリング PDF ファイルへの C++ バックエンドです。

libpoppler-glib.so

GTK+ に対しての PDF レンダリング機能を提供するラッパーライブラリです。

libpoppler-qt5.so

Qt5 に対しての PDF レンダリング機能を提供するラッパーライブラリです。

最終更新日: 2018-08-25 09:59:05 +0900