libwebp-1.0.0

libwebp の概要

libwebp パッケージは、WebP フォーマットのイメージをエンコード、デコードするためのライブラリおよびサポートプログラムを提供します。

本パッケージは LFS-8.3 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

libwebp の依存パッケージ

推奨

任意

Freeglut-3.0.0, giflib-5.1.4

ユーザー情報: http://wiki.linuxfromscratch.org/blfs/wiki/libwebp

libwebp のインストール

以下のコマンドを実行して libwebp をビルドします。

[注記]

注記

If you are updating from libwebp-0.4.x or 0.5.x, and wish that installed applications link to the new version 0.6.x, they need to be reinstalled.

./configure --prefix=/usr           \
            --enable-libwebpmux     \
            --enable-libwebpdemux   \
            --enable-libwebpdecoder \
            --enable-libwebpextras  \
            --enable-swap-16bit-csp \
            --disable-static        &&
make

このパッケージにテストスイートはありません。

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

コマンド説明

--enable-swap-16bit-csp: This switch enables byte swap for 16 bit colorspaces.

--disable-static: このスイッチはスタティックライブラリをインストールしないようにします。

パッケージ構成

インストールプログラム: cwebp, dwebp, gif2webp, vwebp, webpmux
インストールライブラリ: libwebpdecoder.so, libwebpdemux.so, libwebpextras.so, libwebpmux.so, libwebp.so
インストールディレクトリ: /usr/include/webp

概略説明

cwebp

WebP フォーマットによりイメージを圧縮します。

dwebp

WebP ファイルを PNG, PAM, PPM, PGM イメージに復元します。

gif2webp

converts a GIF image to a WebP image.

vwebp

decompress a WebP file and display it in a window.

webpmux

creates animated WebP files from non-animated WebP images, extracts frames from animated WebP images, and manages XMP/EXIF metadata and ICC profile.

libwebp.so

WebP エンコーディング、デコーディングを行う API 関数を提供します。

最終更新日: 2018-08-20 07:33:02 +0900