libstatgrab-0.91

libstatgrab の概要

This is a library that provides cross platform access to statistics about the system on which it's run. It's written in C and presents a selection of useful interfaces which can be used to access key system statistics. The current list of statistics includes CPU usage, memory utilisation, disk usage, process counts, network traffic, disk I/O, and more.

本パッケージは LFS-8.3 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

ユーザー情報: http://wiki.linuxfromscratch.org/blfs/wiki/libstatgrab

libstatgrab のインストール

以下のコマンドを実行して libstatgrab をビルドします。

./configure --prefix=/usr   \
            --disable-static \
            --docdir=/usr/share/doc/libstatgrab-0.91 &&
make

ビルド結果をテストする場合は make check を実行します。

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

コマンド説明

--disable-static: このスイッチはスタティックライブラリをインストールしないようにします。

パッケージ構成

インストールプログラム: saidar, statgrab, statgrab-make-mrtg-config, statgrab-make-mrtg-index
インストールライブラリ: libstatgrab.so
インストールディレクトリ: /usr/share/doc/libstatgrab-0.91

概略説明

saidar

is a curses-based tool for viewing system statistics.

statgrab

is a sysctl-style interface to system statistics.

statgrab-make-mrtg-config

generates MRTG configuration.

statgrab-make-mrtg-index

generates an XHTML index page from MRTG configuration files or stdin.

libstatgrab.so

contains the libstatgrab API functions.

最終更新日: 2018-08-26 06:33:31 +0900