libical-2.0.0

libical の概要

libical パッケージは、iCalendar プロトコルおよびそのデータフォーマットを実装し提供します。

本パッケージは LFS-8.0 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

libical の依存パッケージ

必須

CMake-3.9.1

Optional

Berkeley DB-6.2.32, Doxygen-1.8.13 (for the API documentation), gobject-introspection-1.52.1, and ICU-59.1

ユーザー情報: http://wiki.linuxfromscratch.org/blfs/wiki/libical

libical のインストール

以下のコマンドを実行して libical をビルドします。

mkdir build &&
cd build &&

cmake -DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr      \
      -DCMAKE_BUILD_TYPE=Release       \
      -DSHARED_ONLY=yes                \
      .. &&
make

If you have Doxygen-1.8.13 installed and wish to build the API documentation, issue:

make docs

ビルド結果をテストする場合は make test を実行します。

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

If you have built the API documentation, install by issuing, as root user:

install -vdm755 /usr/share/doc/libical-2.0.0/html &&
cp -vr apidocs/html/* /usr/share/doc/libical-2.0.0/html

コマンド説明

-DCMAKE_BUILD_TYPE=Release: 本スイッチは、より的確なレベルのコンパイラー最適化オプションを採用します。

-DSHARED_ONLY=yes: This switch is used in order to only build the shared libraries.

-DUSE_BUILTIN_TZDATA=yes: This switch is used in order to build using your own timezone data.

パッケージ構成

インストールプログラム: なし
インストールライブラリ: libical_cxx.so, libical.so, libicalss_cxx.so, libicalss.so, libicalvcal.so
インストールディレクトリ: /usr/include/libical, /usr/lib/cmake/LibIcal, /usr/share/doc/libical-2.0.0/html

概略説明

libical.so

libical API 関数を提供します。

libical_cxx.so

contains the libical C++ bindings.

libicalss.so

iCal コンポーネントデータを、さまざまな方法でディスクに保存するためのライブラリを提供します。

libicalss_cxx.so

contains the libicalss C++ bindings.

libicalvcal.so

vCard/vCalendar C インターフェース。

最終更新日: 2017-08-16 03:49:48 +0900