Libgxps-0.3.1

libgxps の概要

The libgxps package provides an interface to manipulate XPS documents.

本パッケージは LFS-10.1 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

Libgxps の依存パッケージ

必須

GTK+-3.24.25, Little CMS-2.12, libarchive-3.5.1, libjpeg-turbo-2.0.6, LibTIFF-4.2.0, libxslt-1.1.34

任意

git-2.30.1, GTK-Doc-1.33.2

ユーザー情報: http://wiki.linuxfromscratch.org/blfs/wiki/libgxps

Libgxps のインストール

以下のコマンドを実行して Libgxps をビルドします。

mkdir build &&
cd    build &&

meson --prefix=/usr .. &&
ninja

このパッケージにテストスイートはありません。

root ユーザーになって以下を実行します。

ninja install

パッケージ構成

インストールプログラム: xpstojpeg, xpstopdf, xpstopng, xpstops, xpstosvg
インストールライブラリ: libgxps.so
インストールディレクトリ: /usr/include/libgxps

概略説明

xpstojpeg

converts XPS documents to a JPEG image

xpstopdf

converts XPS documents to PDF format

xpstopng

converts XPS documents to a PNG image

xpstops

converts XPS documents to PostScript

xpstosvg

converts XPS documents to SVG images

libgxps.so

contains API functions for manipulating XPS documents

最終更新日: 2021-02-22 08:09:04 +0900