Clisp-2.49

Clisp の概要

GNU Clisp は Common Lisp の実装であり、インタープリター、コンパイラー、デバッガーなどを提供します。

本パッケージは LFS-8.0 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

Additional Downloads

Clisp Dependencies

推奨

任意

libffcall

ユーザー情報: http://wiki.linuxfromscratch.org/blfs/wiki/clisp

Clisp のインストール

[注記]

注記

本パッケージは並行ビルドがサポートされていません。

2つのテストを削除します。これらは失敗するものですが理由は分かっていません。

sed -i -e '/socket/d' -e '/"streams"/d' tests/tests.lisp

以下のコマンドを実行して Clisp をビルドします。

If you are building clisp against libffcall, apply the patch to fix a build failure with current readline:

patch -Np1 -i ../clisp-2.49-readline7_fixes-1.patch

Install Clisp by running the following commands:

mkdir build &&
cd    build &&

../configure --srcdir=../                       \
             --prefix=/usr                      \
             --docdir=/usr/share/doc/clisp-2.49 \
             --with-libsigsegv-prefix=/usr &&

ulimit -s 16384 &&
make -j1

ビルド結果をテストする場合は make check を実行します。

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

コマンド説明

ulimit -s 16384: スタックサイズの最大値を増やします。 configure 実行において推奨されているものです。

--docdir=/usr/share/doc/clisp-2.49: this ensures the html documentation will go into a versioned directory instead of straight into /usr/share/html/.

--with-libsigsegv-prefix=/usr: use this to tell configure that you have installed libsigsegv in /usr, otherwise it will not be found.

--with-libffcall-prefix=/usr: use this to tell configure that you have installed the optional libffcall in /usr, otherwise like libsigsegv it will not be found.

パッケージ構成

インストールプログラム: clisp, clisp-link
インストールライブラリ: /usr/lib/clisp-2.49/base/ 配下にさまざまなスタティックライブラリ
インストールディレクトリ: /usr/lib/clisp-2.49 /usr/share/doc/clisp-2.49 /usr/share/emacs/site-lisp;

概略説明

clisp

ANSI Common Lisp コンパイラー、インタープリター、デバッガー

clisp-link

clisp に対して外部モジュールをリンクするために利用されます。

最終更新日: 2017-08-16 03:49:48 +0900