neon-0.30.2

neon の概要

neon パッケージは、HTTP と WebDAV のクライアントライブラリであり、C 言語によるインターフェースを提供します。

本パッケージは LFS-8.0 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

  • ダウンロード (HTTP): http://www.webdav.org/neon/neon-0.30.2.tar.gz

  • ダウンロード MD5 sum: e28d77bf14032d7f5046b3930704ef41

  • ダウンロードサイズ: 911 KB

  • 必要ディスク容量: 8.5 MB (additional 18 MB for the tests)

  • 概算ビルド時間: 0.1 SBU (additional 0.3 SBU for the tests)

neon の依存パッケージ

推奨

任意

libxml2-2.9.4, MIT Kerberos V5-1.15.1, libproxy, pakchois,

ユーザー情報: http://wiki.linuxfromscratch.org/blfs/wiki/neon

neon のインストール

Fix some code when building with gnutls-3.4 and later:

sed -e 's/client_set/set/'  \
    -e 's/gnutls_retr/&2/'  \
    -e 's/type = t/cert_&/' \
    -i src/ne_gnutls.c

以下のコマンドを実行して neon をビルドします。

./configure --prefix=/usr    \
            --with-ssl       \
            --enable-shared  \
            --disable-static &&
make

ビルド結果をテストする場合は make check を実行します。 --with-ssl=gnutls の指定時に ssl テストの多くは失敗します。

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

コマンド説明

--with-ssl: This switch enables SSL support using OpenSSL or GnuTLS respectively. Remove it if you don't have any of these installed. To force GnuTLS usage when both are present, simply pass --with-ssl=gnutls and --with-ca-bundle=/etc/ssl/ca-bundle.crt to the configure script.

--disable-static: このスイッチはスタティックライブラリをインストールしないようにします。

--with-libxml2: このスイッチは Expat は利用せず libxml2 を利用することを指示します。

パッケージ構成

インストールプログラム: neon-config
インストールライブラリ: libneon.so
インストールディレクトリ: /usr/include/neon, /usr/share/doc/neon-0.30.2

概略説明

neon-config

is a script that provide information about an installed copy of the neon library.

libneon.so

一般的な HTTP や WebDAV に対する高レベルインターフェースとして用いられます。

最終更新日: 2017-04-03 00:24:49 +0900