libtirpc-1.0.2

libtirpc の概要

libtirpc パッケージは、リモートプロシジャーコール (Remote Procedure Call; RPC) の API を用いたプログラムをサポートするライブラリを提供します。 これは glibc において実現している RPC に置き換わるものですが、NIS ライブラリまでは提供しません。

本パッケージは LFS-8.1 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

libtirpc の依存パッケージ

任意

MIT Kerberos V5-1.15.1 GSSAPI のために

ユーザー情報: http://wiki.linuxfromscratch.org/blfs/wiki/libtirpc

libtirpc のインストール

[注記]

注記

If updating this package, you will also need to update any existing version of rpcbind-0.2.4

Fix a build issue with GlibC-2.26:

sed '/stdlib.h/a#include <stdint.h>' -i src/xdr_sizeof.c

以下のコマンドを実行して libtirpc をビルドします。

./configure --prefix=/usr                                   \
            --sysconfdir=/etc                               \
            --disable-static                                \
            --disable-gssapi                                &&
make

このパッケージにテストスイートはありません。

root ユーザーになって以下を実行します。

make install &&
mv -v /usr/lib/libtirpc.so.* /lib &&
ln -sfv ../../lib/libtirpc.so.3.0.0 /usr/lib/libtirpc.so

コマンド説明

--disable-static: このスイッチはスタティックライブラリをインストールしないようにします。

--disable-gssapi: This switch is needed if no GSSAPI is installed. Remove this switch if you have one installed (for example MIT Kerberos V5-1.15.1) and you wish to use it.

mv -v /usr/lib/libtirpc.so.* ...: 共有ライブラリを移動させます。 これは /usr がマウントされる前にこれらのライブラリを利用できるようにするためです。

パッケージ構成

インストールプログラム: なし
インストールライブラリ: libtirpc.so
インストールディレクトリ: /usr/include/tirpc

概略説明

libtirpc.so

他のプログラムが必要とするリモートプロシジャーコール (Remote Procedure Call; RPC) の API 関数を提供します。

最終更新日: 2017-08-19 04:42:43 +0900