libpsl-0.21.1

libpsl の概要

The libpsl package provides a library for accessing and resolving information from the Public Suffix List (PSL). The PSL is a set of domain names beyond the standard suffixes, such as .com.

本パッケージは LFS-10.0 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

libpsl の依存パッケージ

必須

libidn2-2.3.0

任意

GTK-Doc-1.32 (ドキュメントのため), Valgrind-3.16.1 (テストのため)

ユーザー情報: http://wiki.linuxfromscratch.org/blfs/wiki/libpsl

libpsl のインストール

以下のコマンドを実行して libpsl をビルドします。

sed -i 's/env python/&3/' src/psl-make-dafsa &&
./configure --prefix=/usr --disable-static       &&
make

ビルド結果をテストする場合は make check を実行します。

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

Command Explanations

sed -i ...: This command forces the use of Python 3 in an utility.

パッケージ構成

インストールプログラム: psl
インストールライブラリ: libpsl.so
インストールディレクトリ: なし

概略説明

psl

queries the Public Suffix List.

libpsl.so

contains a library used to access the Public Suffix List.

最終更新日: 2020-08-17 05:56:58 +0900