libevent-2.1.8

libevent の概要

libevent は非同期のイベント通知を行うライブラリです。 libevent API はコールバック関数の実行メカニズムを提供します。 ファイル上にて指定されたイベントが発生したり、そのイベントがタイムアウトが発生したりした時のコールバック関数を呼び出します。 またシグナルや通常のタイムアウトのコールバックにも対応します。

本パッケージは LFS-8.3 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

libevent の依存パッケージ

任意

Doxygen-1.8.14 (API ドキュメント生成のため)

ユーザー情報: http://wiki.linuxfromscratch.org/blfs/wiki/libevent

libevent のインストール

以下のコマンドを実行して libevent をビルドします。

./configure --prefix=/usr --disable-static &&
make

Doxygen-1.8.14 をインストールしていて API ドキュメントを生成したい場合は doxygen Doxyfile を実行します。

ビルド結果をテストする場合は make verify を実行します。

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

API ドキュメントを生成した場合は root ユーザーになって以下のコマンドを実行してインストールします。

install -v -m755 -d /usr/share/doc/libevent-2.1.8/api &&
cp      -v -R       doxygen/html/* \
                    /usr/share/doc/libevent-2.1.8/api

コマンド説明

--disable-static: このスイッチはスタティックライブラリをインストールしないようにします。

パッケージ構成

インストールプログラム: event_rpcgen.py
インストールライブラリ: libevent_core.so, libevent_extra.so, libevent_openssl.so, libevent_pthreads.so, libevent.so
インストールディレクトリ: /usr/include/event2, /usr/share/doc/libevent-2.1.8

最終更新日: 2018-08-21 05:08:58 +0900