glib-networking-2.58.0

GLib Networking の概要

GLib Networking パッケージは GLib 向け gio モジュールに関連するネットワークを提供します。

本パッケージは LFS-8.3 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

GLib Networking の依存パッケージ

必須

GLib-2.58.0, GnuTLS-3.5.19, gsettings-desktop-schemas-3.28.1

推奨

任意

libproxy

ユーザー情報: http://wiki.linuxfromscratch.org/blfs/wiki/glib-networking

GLib Networking のインストール

以下のコマンドを実行して GLib Networking をビルドします。

mkdir build &&
cd    build &&

meson --prefix=/usr            \
      -Dlibproxy_support=false \
      -Dpkcs11_support=true .. &&
ninja

ビルド結果をテストする場合は ninja test を実行します。

root ユーザーになって以下を実行します。

ninja install

Glib-networking の設定

設定ファイル

/etc/profile.d/gio.sh

設定情報

For using the PKCS #11 modules, the GIO_USE_TLS variable should be set in the environment. This can be added to the Bash Startup Files (as the root user):

cat > /etc/profile.d/gio.sh << "EOF"
# Begin gio.sh

export GIO_USE_TLS=gnutls-pkcs11

# End gio.sh
EOF

パッケージ構成

インストールプログラム: なし
インストールライブラリ: libgiognomeproxy.so, libgiognutls.so (/usr/lib/gio/modules ディレクトリにインストールされる GIO モジュール)
インストールディレクトリ: なし

最終更新日: 2018-09-07 07:54:04 +0900