BIND Utilities-9.16.5

BIND Utilities の概要

BIND Utilities is not a separate package, it is a collection of the client side programs that are included with BIND-9.16.5. The BIND package includes the client side programs nslookup, dig and host. If you install BIND server, these programs will be installed automatically. This section is for those users who don't need the complete BIND server, but need these client side applications.

本パッケージは LFS-10.0 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

BIND Utilities の依存パッケージ

Required

libuv-1.38.1

Recommended

任意

libcap-2.42 with PAM, libxml2-2.9.10, Sphinx

ユーザー情報: http://wiki.linuxfromscratch.org/blfs/wiki/bind-utils

BIND Utilities のインストール

以下のコマンドを実行して BIND Utilities をビルドします。

./configure --prefix=/usr --without-python &&
make -C lib/dns    &&
make -C lib/isc    &&
make -C lib/bind9  &&
make -C lib/isccfg &&
make -C lib/irs    &&
make -C bin/dig    &&
make -C doc

上のパッケージの部分に対してはテストスイートがありません。

root ユーザーになって以下を実行します。

make -C bin/dig install &&
cp -v doc/man/{dig.1,host.1,nslookup.1} /usr/share/man/man1

コマンド説明

--without-python: This option eliminates the need for an unused python module.

make -C lib/...: これらのコマンドは、クライアントプログラムが必要とするライブラリをビルドします。

make -C bin/dig: このコマンドはクライアントプログラムをビルドします。

make -C doc: This command builds the manual pages.

cp -v ... /usr/share/man/man1: This command installs the manual pages.

パッケージ構成

インストールプログラム: dig, host, nslookup
インストールライブラリ: なし
インストールディレクトリ: なし

概略説明

プログラムの詳細については BIND-9.16.5 を参照してください。

最終更新日: 2020-08-17 13:12:39 +0900