Avahi-0.7

Avahi の概要

avahi パッケージは、ローカルネットワーク内でのサービス検出を行う機能を提供します。

本パッケージは LFS-8.3 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

Avahi の依存パッケージ

必須

GLib-2.58.0

推奨

任意

D-Bus Python-1.2.8 and PyGTK-2.24.0

ユーザー情報: http://wiki.linuxfromscratch.org/blfs/wiki/avahi

Avahi のインストール

デーモン avahi-daemon が起動した後は、これを制御するための専用のユーザーおよびグループを利用する必要があります。 root ユーザーとなって以下を実行します。

groupadd -fg 84 avahi &&
useradd -c "Avahi Daemon Owner" -d /var/run/avahi-daemon -u 84 \
        -g avahi -s /bin/false avahi

さらに Avahi クライアントに対しても、専用のアクセスグループを生成することが必要です。 root ユーザーとなって以下を実行します。

groupadd -fg 86 netdev

以下のコマンドを実行して Avahi をビルドします。

./configure --prefix=/usr        \
            --sysconfdir=/etc    \
            --localstatedir=/var \
            --disable-static     \
            --disable-mono       \
            --disable-monodoc    \
            --disable-python     \
            --disable-qt3        \
            --disable-qt4        \
            --enable-core-docs   \
            --with-distro=none   \
            --with-systemdsystemunitdir=/lib/systemd/system &&
make

このパッケージにテストスイートはありません。

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

コマンド説明

--disable-static: このスイッチはスタティックライブラリをインストールしないようにします。

--disable-mono: このパラメーターは Mono バインディングを無効にします。

--disable-monodoc: このパラメーターは Mono バインディングに対するドキュメントを生成しないようにします。

--disable-python: このパラメーターは Python に依存するスクリプトを無効にします。 さらに標準的なインストールを行います。

--disable-qt3: このパラメーターは、本パッケージ内にて古くなった Qt3 関連部分をビルドしないようにします。

--disable-qt4: このパラメーターは、本パッケージ内にて古くなった Qt4Core 関連部分をビルドしないようにします。

--enable-core-docs: このパラメーターはドキュメントのビルドを行います。

--with-distro=none: LFS においては古くなったブートスクリプトが存在します。 このオプションはそれを無効にします。

--with-systemdsystemunitdir=/lib/systemd/system: このパラメーターにより systemd ユニットのインストール先ディレクトリを設定します。

--disable-dbus: このパラメーターは D-Bus を利用しないようにします。

--disable-gtk: このパラメーターは GTK+2 を利用しないようにします。

--disable-gtk3: このパラメーターは GTK+3 を利用しないようにします。

--disable-libdaemon: このパラメーターは libdaemon を利用しないようにします。 この指定により avahi-daemon はビルドされません。

--enable-tests: This option enables the building of tests and examples.

--enable-compat-howl: This option enables the compatibility layer for HOWL.

--enable-compat-libdns_sd: This option enables the compatibility layer for libdns_sd.

avahi の設定

ブートスクリプト

To start the avahi-daemon daemon at boot, enable the previously installed systemd unit by running the following command as the root user:

systemctl enable avahi-daemon

To start the avahi-dnsconfd daemon at boot, enable the previously installed systemd unit by running the following command as the root user:

systemctl enable avahi-dnsconfd

パッケージ構成

インストールプログラム: avahi-autoipd, avahi-bookmarks, avahi-browse, avahi-browse-domains, avahi-daemon, avahi-discover, avahi-discover-standalone, avahi-dnsconfd, avahi-publish, avahi-publish-address, avahi-publish-service, avahi-resolve, avahi-resolve-address, avahi-resolve-host-name, avahi-set-host-name, bshell, bssh, bvnc
インストールライブラリ: libavahi-client.so, libavahi-common.so, libavahi-core.so, libavahi-glib.so, libavahi-gobject.so, libavahi-ui-gtk3.so,, libavahi-ui.so, libdns_sd.so, libhowl.so,
インストールディレクトリ: /etc/avahi/services, /usr/{include/{avahi-client,avahi-common, avahi-compat-howl/{corby,discovery,rendezvous,salt}, avahi-compat-libdns_sd,avahi-core,avahi-glib,avahi-gobject,avahi-ui}, lib/{avahi,python2.7/site-packages/{avahi, avahi_discover}},share/{avahi/interfaces,locale/en_NZ/LC_MESSAGES}}

概略説明

avahi-autoipd

is a IPv4LL network address configuration daemon.

avahi-bookmarks

is a Web service showing mDNS/DNS-SD announced HTTP services using the Avahi daemon.

avahi-browse

browses for mDNS/DNS-SD services using the Avahi daemon.

avahi-browse-domains

browses for mDNS/DNS-SD services using the Avahi daemon.

avahi-daemon

is the Avahi mDNS/DNS-SD daemon.

avahi-discover

browses for mDNS/DNS-SD services using the Avahi daemon.

avahi-discover-standalone

browses for mDNS/DNS-SD services using the Avahi daemon.

avahi-dnsconfd

is a Unicast DNS server from mDNS/DNS-SD configuration daemon.

avahi-publish

registers a mDNS/DNS-SD service or host name or address mapping using the Avahi daemon.

avahi-publish-address

registers a mDNS/DNS-SD service or host name or address mapping using the Avahi daemon.

avahi-publish-service

registers a mDNS/DNS-SD service or host name or address mapping using the Avahi daemon.

avahi-resolve

resolves one or more mDNS/DNS host name(s) to IP address(es) (and vice versa) using the Avahi daemon.

avahi-resolve-address

resolves one or more mDNS/DNS host name(s) to IP address(es) (and vice versa) using the Avahi daemon.

avahi-resolve-host-name

resolves one or more mDNS/DNS host name(s) to IP address(es) (and vice versa) using the Avahi daemon.

avahi-set-host-name

changes the mDNS host name.

bssh

browses for SSH servers on the local network.

bvnc

browses for VNC servers on the local network.

最終更新日: 2018-08-20 07:33:02 +0900