Xorg フォント

Xorg フォント の概要

The Xorg font packages provide some scalable fonts and supporting packages for Xorg applications. Many people will want to install other TTF or OTF fonts in addition to, or instead of, these. Some are listed at TTF and OTF fonts項.

本パッケージは LFS-8.1 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

Xorg Fonts の依存パッケージ

推奨

xcursor-themes-1.0.4

ユーザー情報: http://wiki.linuxfromscratch.org/blfs/wiki/Xorg7Fonts

Xorg フォントのダウンロード

まずはダウンロードするファイル一覧を生成します。 このファイルは、ダウンロード後に各ファイルのチェックサムを確認する際にも利用します。

cat > font-7.md5 << "EOF"
23756dab809f9ec5011bb27fb2c3c7d6  font-util-1.3.1.tar.bz2
0f2d6546d514c5cc4ecf78a60657a5c1  encodings-1.0.4.tar.bz2
6d25f64796fef34b53b439c2e9efa562  font-alias-1.0.3.tar.bz2
fcf24554c348df3c689b91596d7f9971  font-adobe-utopia-type1-1.0.4.tar.bz2
e8ca58ea0d3726b94fe9f2c17344be60  font-bh-ttf-1.0.3.tar.bz2
53ed9a42388b7ebb689bdfc374f96a22  font-bh-type1-1.0.3.tar.bz2
bfb2593d2102585f45daa960f43cb3c4  font-ibm-type1-1.0.3.tar.bz2
6306c808f7d7e7d660dfb3859f9091d2  font-misc-ethiopic-1.0.3.tar.bz2
3eeb3fb44690b477d510bbd8f86cf5aa  font-xfree86-type1-1.0.4.tar.bz2
EOF

必要なファイルをダウンロードするために wget を使って以下のコマンドを実行します。

mkdir font &&
cd font &&
grep -v '^#' ../font-7.md5 | awk '{print $2}' | wget -i- -c \
    -B https://www.x.org/pub/individual/font/ &&
md5sum -c ../font-7.md5

Xorg フォント のインストール

[注記]

注記

複数のパッケージを一つのスクリプトを使って一気にインストールする場合には、ルートユーザーとして実行することが必要となります。 その場合には、以下に示す3つの方法のいずれかを採用することになります。

  1. スクリプトの実行自体をルートユーザーにより行う。(ただし推奨はしません。)

  2. Sudo-1.8.20p2 パッケージの sudo コマンドを利用する。

  3. su -c "コマンド 引数" の形 (クォーテーションが必要) を利用する。 この場合はコマンドの実行の都度、ルートパスワードの入力が必要になります。

この状況を取り扱う一つの手法として、以下のような bash スクリプトにより適切な方法を自動的に選択する方法が考えられます。 一度コマンドをセットしておけば、再びセットする必要はありません。

as_root()
{
  if   [ $EUID = 0 ];        then $*
  elif [ -x /usr/bin/sudo ]; then sudo $*
  else                            su -c \\"$*\\"
  fi
}

export -f as_root

まずはサブシェルを起動します。 こうしておけばエラー発生時に終了させることができます。

bash -e

以下のコマンドを実行して個々のパッケージのインストールを行います。

for package in $(grep -v '^#' ../font-7.md5 | awk '{print $2}')
do
  packagedir=${package%.tar.bz2}
  tar -xf $package
  pushd $packagedir
    ./configure $XORG_CONFIG
    make
    as_root make install
  popd
  as_root rm -rf $packagedir
done

上で実行したサブシェルから抜けます。

exit

フォントのインストールがすべて終わったら、Fontconfig が TrueType フォントを探し出せるようにシステムを設定する必要があります。 というのも、ここでインストールしたフォントは、デフォルトのディレクトリ /usr/share/fonts ではないディレクトリにインストールされているからです。 Xorg の TrueType フォントディレクトリに対するシンボリックリンクを作成するために、root ユーザーになって以下のコマンドを実行します。

install -v -d -m755 /usr/share/fonts                               &&
ln -svfn $XORG_PREFIX/share/fonts/X11/OTF /usr/share/fonts/X11-OTF &&
ln -svfn $XORG_PREFIX/share/fonts/X11/TTF /usr/share/fonts/X11-TTF

パッケージ構成

インストールプログラム: bdftruncate, ucs2any
インストールライブラリ: なし
インストールディレクトリ: $XORG_PREFIX/share/fonts

概略説明

bdftruncate

ISO 10646-1 エンコーディングによる BDF フォントから、圧縮した BDF フォントを生成します。

ucs2any

ISO 10646-1 エンコーディングの BDF フォントから、種々のエンコーディングによる BDF フォントを生成します。

最終更新日: 2017-08-21 13:39:02 +0900