Pango-1.42.4

Pango の概要

Pango is a library for laying out and rendering of text, with an emphasis on internationalization. It can be used anywhere that text layout is needed, though most of the work on Pango so far has been done in the context of the GTK+ widget toolkit.

本パッケージは LFS-8.3 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

Pango の依存パッケージ

必須

Fontconfig-2.13.1 (must be built with FreeType-2.9.1 using HarfBuzz-1.8.8), FriBidi-1.0.5, and GLib-2.58.0

Recommended

任意 (GNOME のビルド時に必要)

gobject-introspection-1.58.0

任意

Cantarell fonts (テストのため), GTK-Doc-1.29, help2man, libthai

ユーザー情報: http://wiki.linuxfromscratch.org/blfs/wiki/pango

Pango のインストール

以下のコマンドを実行して Pango をビルドします。

mkdir build &&
cd    build &&

meson --prefix=/usr --sysconfdir=/etc .. &&
ninja

ビルド結果をテストする場合は ninja test を実行します。 test-layout テストは失敗します。

root ユーザーになって以下を実行します。

ninja install

コマンド説明

-Denable-docs: Use this switch if gtk-doc is installed and you wish to rebuild and install the API documentation.

Pango の設定

設定ファイル

/etc/pango/pangorc, ~/.pangorc, および環境変数 PANGO_RC_FILE にて指定されたファイル。

パッケージ構成

インストールプログラム: pango-list, pango-view
インストールライブラリ: libpango-1.0.so, libpangocairo-1.0.so, libpangoft2-1.0.so, libpangoxft-1.0.so
インストールディレクトリ: /usr/include/pango-1.0, /usr/share/installed-tests/pango, /usr/share/gtk-doc/html/pango

概略説明

pango-list

displays a list of fonts that Pango can use that are currently installed on the system.

pango-view

renders a given text file through Pango for viewing purposes.

libpango-1.0.so

contains low level layout rendering routines, a high level driver for laying out entire blocks of text, and routines to assist in editing internationalized text.

最終更新日: 2018-09-04 06:54:58 +0900