at-spi2-core-2.24.1

At-Spi2 Core の概要

The At-Spi2 Core package is a part of the GNOME Accessibility Project. It provides a Service Provider Interface for the Assistive Technologies available on the GNOME platform and a library against which applications can be linked.

本パッケージは LFS-8.1 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

At-Spi2 Core の依存パッケージ

必須

dbus-1.10.22, GLib-2.52.3, Xorg ライブラリ

任意 (GNOME ビルド時には必須)

gobject-introspection-1.52.1

任意

GTK-Doc-1.26

ユーザー情報: http://wiki.linuxfromscratch.org/blfs/wiki/at-spi2-core

At-Spi2 Core のインストール

以下のコマンドを実行して At-Spi2 Core をビルドします。

./configure --prefix=/usr \
            --sysconfdir=/etc &&
make

A session bus address, normally available in an Xorg terminal, is necessary to run the tests. To test the results, issue: make check.

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

コマンド説明

--enable-gtk-doc: GTK-Doc をインストール済で API ドキュメントを再構築する場合に指定します。

パッケージ構成

インストールプログラム: None
インストールライブラリ: libatspi.so
インストールディレクトリ: /usr/include/at-spi-2.0 and /usr/share/gtk-doc/html/libatspi

概略説明

libatspi.so

At-Spi2 API 関数を提供します。

最終更新日: 2017-08-21 07:06:11 +0900