序文

Linux From Scratch の開発作業をお手伝いしてみたところ、このベースとなる LFS システムの先をどう進めていくのかという問合せが、いかに多いかを知ることになりました。 その頃というと、LFS に関して具体的な手助けとなる情報は LFS ヒント (http://www.linuxfromscratch.org/hints) しかなかったのです。 LFS ヒントは非常に有用で、親切に書かれてはいるのですが、私やまわりの者はもっと分かりやすいものが必要で、LFS を超える (=beyond LFS) その先が必要だと考えました。 だから BLFS です。

BLFS が目指すのは、単に LFS ヒントを XML ソースファイルに置き換えるだけではありません。 とは言うもののこの作業は LFS ヒントに基づいて行われています。 実際に編集者の中には、ヒントを書くとともに BLFS の対応する節を書いている者もいます。 我々が望むのは、読者の皆さんに有用な情報を提供することです。 それは Web サーバーやマルチメディアデスクトップシステムを作りたいと願う皆さんが、頑張ってビルドできるようになることを望むのではありません。 作業を進めるにつれてシステムの成り立ちをより一層学んで頂けるようなものとすることです。

いつもながら LFS/BLFS コミュニティの皆さんには感謝しています。 特に手順内容を示したり文章を記述してもらったり、疑問を解消してくれたり、誤りに対して声をあげてくれたりする方々に本当に感謝しています。

皆さんには是非 BLFS コミュニティに参加していただくことを望んでいます。 メーリングリストなどにて質問をあげたり、irc.linuxfromscratch.org の #lfs チャネルへ参加したりしてください。 より詳しくは本書の はじめに を参照してください。

BLFS を是非楽しんでください。

Mark Hymers
markh <at> linuxfromscratch.org
BLFS 編集者 (2001年7月 – 2003年3月)

私が BLFS プロジェクトに出会った経緯や、その頃の作業手順に基づいて BLFS 構築を行った時のことをよく覚えています。 アプリケーションが実際に立ち上がり、しかも素早く起動するとは、何とも信じられない程でした。 BLFS ブックではさまざまなものがどういった方法で実現されているのかも説明されていました。 ただし、アプリケーションを説明するページを開いても「為すべきこと」が書かれているばかりで、じっくりと時間をかけて読み解く余裕がありませんでした。 私にできることと言えば、たいていの方ならできるものばかりで、後はどなたかが完成してくれるのを待つくらいしかできなかったのです。 さらには Bugzilla でも調べて、もっと簡単な手順があることを調べてみたかったのですが、それも時間がありませんでした。 経験していけば明らかなことですが、何が的確であるかという定義は時とともに変わるものです。

皆さんには是非 BLFS 開発にたずさわっていただきたいと思います。 BLFS の開発に終わりはありません。 何かを提供していただくにせよ、単に BLFS ブックをご利用いただくにせよ、BLFS 体験を満喫していただきたいと思います。

Larry Lawrence
larry <at> linuxfromscratch.org
BLFS 編集者 (2003年3月 – 2004年6月)

BLFS プロジェクトは LFS プロジェクトをさらに発展させるものです。 両プロジェクトともに、オープンソースコミュニティに対して他に類のないものを提供しています。 そもそも各種パッケージのソースコードは、世界中の優れた人々が構築しています。 そういったソースコードからシステム構築を行なっていくことを、本プロジェクトでは分かりやすく説明します。 すべてのユーザーにとって「あなたのディストロ、それがあなたの基準 (Your distro, your rules.)」というスローガンを目指します。

我々の目指すことは、有用なリソースとしてこれを世に提供し続けることです。 このリソースは、オープンソースアプリケーションをいかに組み入れていくかを学んでいくことができます。 アプリケーションというものは常に更新され、新たなものも開発されています。 したがって本書に終わりというものはありません。 加えて、さまざまなパッケージのインストール説明には改訂の余地が常にあります。 こういった改訂を為していくためにも、皆さんからのフィードバックが必要です。 是非皆さんには、各種メーリングリスト、ニュースグループ、IRC チャネルに参加して頂き、目的を達するためのお手伝いをお願いしたいと思います。

Bruce Dubbs
bdubbs <at> linuxfromscratch.org
BLFS 編集者 (2004年6月 – 2006年12月)

私が BLFS プロジェクトを知ったのは偶然によるものです。 その頃、私は GNOME 環境を構築しようと、さまざまなハウツー物などの情報をウェブ検索しながら進めていました。 何度やってもビルドに失敗し、Google 検索により情報を得ようとして、BLFS メーリングリストのかつての投稿を目にしたのです。 ほんの興味本位で Linux From Scratch のウェブサイトを覗いてみたのですが、すぐにハマってしまいました。 それ以来、個人的な作業では既存の Linux ディストリビューションを一切使わなくなりました。

[B]LFS の手順に従ったシステム構築を終えた際には、大いに満足したものです。 同じ満足感を皆さんにも味わっていただけるかどうかは分かりません。 しかし BLFS の経験は私にとって今なお意義のあるものです。 皆さんにとっても有用なものになると思っています。

BLFS プロジェクトはここ数年の間に大きく進展しています。 パッケージが新たに加えられ、パッケージの依存関係も充実してきました。 今後の発展のことを考えると本プロジェクトには皆さんからの声が欠かせません。 BLFS 構築を楽しんで頂けたなら、次は、何かの形で本プロジェクトを手助けすることを考えてみてください。 BLFS を維持していくには多大な時間を要します。 皆さんの中で文章表現に自信をお持ちの方は、是非 BLFS チームに参加してください。 メーリングリストにて有用な議論を進めていただくのでも結構です。 あるいは本ブックの XML ソースに対するパッチを提供していただくのでも構いません。 情報を頂いた方には、BLFS チームへの参加をお願いする連絡をさせていただきます。

Randy McMurchy
randy <at> linuxfromscratch.org
BLFS 編集者 (2006年12月 – 2011年1月)

目次