Nettle-3.3

Nettle の概要

Nettle は低レベルの暗号化ライブラリであり、さまざまな場面に容易に適用できるように設計されています。

本パッケージは LFS-8.1 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

Nettle の依存パッケージ

任意

OpenSSL-1.1.0f (example プログラムのため)

ユーザー情報: http://wiki.linuxfromscratch.org/blfs/wiki/nettle

Nettle のインストール

以下のコマンドを実行して Nettle をビルドします。

./configure --prefix=/usr --disable-static &&
make

ビルド結果をテストする場合は make check を実行します。

root ユーザーになって以下を実行します。

make install &&
chmod   -v   755 /usr/lib/lib{hogweed,nettle}.so &&
install -v -m755 -d /usr/share/doc/nettle-3.3 &&
install -v -m644 nettle.html /usr/share/doc/nettle-3.3

コマンド説明

--disable-static: このスイッチはスタティックライブラリをインストールしないようにします。

パッケージ構成

インストールプログラム: nettle-hash, nettle-lfib-stream, nettle-pbkdf2, pkcs1-conv, sexp-conv
インストールライブラリ: libhogweed.so, libnettle.so
インストールディレクトリ: /usr/include/nettle, /usr/share/doc/nettle-3.3

概略説明

nettle-hash

指定されたアルゴリズムを用いてハッシュ値を計算します。

nettle-lfib-stream

(暗号化されていない) 擬似乱数によるバイト列を出力します。 これは Knuth のラグ付きフィボナッチ法 (lagged fibonacchi generator) に基づきます。 このバイト列はテスト目的で利用することができますが、暗号化されたキー配列の生成や、真の乱数としては用いることはできません。

nettle-pbkdf2

password-based key derivation function that take as input a password or passphrase and typically strengthen it and protect against certain pre-computation attacks by using salting and expensive computation.

pkcs1-conv

RSA 公開鍵、暗号鍵を PKCS #1 フォーマットから sexp フォーマットに変換します。

sexp-conv

S 表現 (s-expression) を異なるエンコーディングに変換します。

最終更新日: 2017-08-20 12:26:54 +0900