jfsutils-1.1.15

jfsutils の概要

jfsutils パッケージは、jfs ファイルシステムに対しての管理ツールやデバッグツールを提供します。

本パッケージは LFS-8.3 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

ユーザー情報: http://wiki.linuxfromscratch.org/blfs/wiki/jfs

カーネルの設定

以下に示すカーネル設定のオプションを有効にして、カーネルを再コンパイルしてください。

File systems  --->
  <*/M> JFS filesystem support [CONFIG_JFS_FS]

jfsutils の概要

以下のコマンドを実行して jfsutils をビルドします。

sed -i "/unistd.h/a#include <sys/types.h>"    fscklog/extract.c &&
sed -i "/ioctl.h/a#include <sys/sysmacros.h>" libfs/devices.c   &&

./configure &&
make

このパッケージにテストスイートはありません。

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

コマンド説明

sed ...: glibc 2.18 にてビルドするための修正を行います。

パッケージ構成

インストールプログラム: fsck.jfs, jfs_debugfs, jfs_fsck, jfs_fscklog, jfs_logdump, jfs_mkfs, jfs_tune, mkfs.jfs
インストールライブラリ: なし
インストールディレクトリ: なし

概略説明

fsck.jfs

is used to replay the JFS transaction log, check a JFS formatted device for errors, and fix any errors found.

jfs_fsck

fsck.jfs へのハードリンク。

mkfs.jfs

JFS ファイルシステムを構築します。

jfs_mkfs

mkfs.jfs へのハードリンク。

jfs_debugfs

is a program which can be used to perform various low-level actions on a JFS formatted device.

jfs_fscklog

extracts a JFS fsck service log into a file and/or formats and displays the extracted file.

jfs_logdump

dumps the contents of the journal log from the specified JFS formatted device into output file ./jfslog.dmp.

jfs_tune

adjusts tunable file system parameters on JFS file systems.

最終更新日: 2018-08-16 12:14:45 +0900