Fuse-3.1.1

Fuse の概要

FUSE (Filesystem in Userspace) は、ユーザー空間のプログラムへのインターフェースを Linux カーネル上の仮想ファイルシステムとしてエクスポートします。 また、一般ユーザーが独自のファイルシステムの生成やマウントを安全に行う方法も提供します。

本パッケージは LFS-8.0 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

Fuse Dependencies

Optional

Doxygen-1.8.13 (to rebuild the API documentation)

ユーザー情報: http://wiki.linuxfromscratch.org/blfs/wiki/fuse

カーネルの設定

カーネル設定における以下のオプションを有効にする必要があります。 必要に応じてカーネルを再コンパイルしてください。

File systems  --->
  <*/M> FUSE (Filesystem in Userspace) support [CONFIG_FUSE_FS]

Fuse のインストール

以下のコマンドを実行して Fuse をビルドします。

./configure --prefix=/usr    \
            --disable-static \
            --exec-prefix=/  \
            --with-pkgconfigdir=/usr/lib/pkgconfig \
            INIT_D_PATH=/tmp/init.d &&
make

The API documentation is included in the package, but if you have Doxygen-1.8.13 installed and wish to rebuild it, issue doxygen doc/Doxyfile.

このパッケージにテストスイートはありません。

root ユーザーになって以下を実行します。

make install                                         &&
rm -v /lib/libfuse3.{so,la}                          &&
ln -sfv ../../lib/libfuse3.so.3 /usr/lib/libfuse3.so &&

rm -rf  /tmp/init.d &&

install -v -m755 -d /usr/share/doc/fuse-3.1.1 &&
install -v -m644    doc/{README.NFS,kernel.txt} \
                    /usr/share/doc/fuse-3.1.1 &&
cp -Rv doc/html /usr/share/doc/fuse-3.1.1

コマンド説明

--disable-static: このスイッチはスタティックライブラリをインストールしないようにします。

--exec-prefix=/: This parameter moves programs and libraries that could be needed before the /usr directory is mounted, to the root filesystem.

INIT_D_PATH=/tmp/init.d: このパラメーターは、ブートスクリプトを不要なものとして /tmp/init.d にインストールします。

rm -rf /tmp/init.d: このコマンドは、不要になったブートスクリプトを削除します。

fuse の設定

設定ファイル

マウントの方針に基づいた設定は、/etc/fuse.conf にて行うことができます。 このファイルを生成するために、root ユーザーになって以下を実行します。

cat > /etc/fuse.conf << "EOF"
# Set the maximum number of FUSE mounts allowed to non-root users.
# The default is 1000.
#
#mount_max = 1000

# Allow non-root users to specify the 'allow_other' or 'allow_root'
# mount options.
#
#user_allow_other
EOF

Additional information about the meaning of the configuration options are found in the man page.

パッケージ構成

インストールプログラム: fusermount3, mount.fuse3
インストールライブラリ: libfuse3.so
インストールディレクトリ: /usr/include/fuse3 and /usr/share/doc/fuse-3.1.1

概略説明

fusermount3

is a set users ID root program to mount and unmount Fuse filesystems.

mount.fuse3

is the command mount would call to mount a Fuse filesystem.

libfuse3.so

FUSE API 関数を提供します。

最終更新日: 2017-08-17 05:38:22 +0900