Ed-1.14.2

Ed の概要

Ed は行ベースの (line-oriented) テキストエディターです。 テキストファイルの生成、表示、編集を、対話的に、あるいはシェルスクリプトからの実行でも実現します。 Ed を利用する人は、そう多くはありません。 なぜここで取り上げるかというと、patch プログラムが用いるパッチファイルにて Ed ベースのものが時々見受けられるためです。 もっともこれに出くわすことは非常にまれであり、通常は diff ベースのパッチファイルが用いられます。

本パッケージは LFS-8.0 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

Ed の依存パッケージ

必須 (tarball 伸張のため)

libarchive-3.3.2 (bsdtar が必要)

ユーザー情報: http://wiki.linuxfromscratch.org/blfs/wiki/ed

Ed のインストール

以下のコマンドを実行して Ed をビルドします。

./configure --prefix=/usr --bindir=/bin &&
make

ビルド結果をテストする場合は make check を実行します。

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

パッケージ構成

インストールプログラム: ed, red
インストールライブラリ: なし
インストールディレクトリ: なし

概略説明

ed

行ベースのテキストエディターです。

red

機能が制限された ed です。 これはカレントディレクトリ配下のファイルのみ編集でき、シェルコマンドの実行はできません。

最終更新日: 2017-08-16 03:49:48 +0900