Dash-0.5.9.1

Dash の概要

Dash は POSIX 準拠のシェルです。 It can be installed as /bin/sh or as the default shell for either root or a second user with a userid of 0. It depends on fewer libraries than the Bash shell and is therefore less likely to be affected by an upgrade problem or disk failure. Dash is also useful for checking that a script is completely compatible with POSIX syntax.

本パッケージは LFS-8.0 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

Dash の依存パッケージ

任意

libedit (コマンドライン エディタ ライブラリ)

ユーザー情報: http://wiki.linuxfromscratch.org/blfs/wiki/dash

Dash のインストール

以下のコマンドを実行して Dash をビルドします。

./configure --bindir=/bin --mandir=/usr/share/man &&
make

このパッケージにテストスイートはありません。

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

If you would like to make dash the default sh, recreate the /bin/sh symlink as the root user:

[注記]

注記

If you create the symbolic link from dash to sh, you will need to reset the link to bash to build LFS.

ln -svf dash /bin/sh

コマンド説明

--bindir=/bin: This parameter places the dash binary into the root filesystem.

--with-libedit: To compile Dash with libedit support.

Dash の設定

設定ファイル

Dash sources /etc/profile and ~/.profile

設定情報

Update /etc/shells to include the Dash shell by issuing the following command as the root user:

cat >> /etc/shells << "EOF"
/bin/dash
EOF

パッケージ構成

インストールプログラム: dash
インストールライブラリ: なし
インストールディレクトリ: なし

概略説明

dash

POSIX 準拠のシェル。

最終更新日: 2017-02-16 12:06:46 +0900