libvorbis-1.3.6

libvorbis の概要

libvorbis パッケージは、汎用的なオーディオおよびミュージックエンコーディングフォーマットを提供します。 サウンドデータの生成 (エンコーディング) や再生 (デコーディング) を、オープンな (ライセンスフリーの) フォーマットで実現します。

本パッケージは LFS-8.3 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

libvorbis の依存パッケージ

必須

libogg-1.3.3

任意

Doxygen-1.8.14, texlive-20180414 (または install-tl-unx) (特に pdflatex と htlatexにより) PDF ドキュメント生成のために必要

ユーザー情報: http://wiki.linuxfromscratch.org/blfs/wiki/Libvorbis

libvorbis のインストール

以下のコマンドを実行して libvorbis をビルドします。

./configure --prefix=/usr --disable-static &&
make

ビルド結果をテストする場合は make LIBS=-lm check を実行します。

root ユーザーになって以下を実行します。

make install &&
install -v -m644 doc/Vorbis* /usr/share/doc/libvorbis-1.3.6

コマンド説明

--disable-static: このスイッチはスタティックライブラリをインストールしないようにします。

--enable-docs: このスイッチは、既に提供されている HTML フォーマット以外のドキュメントを生成します。

パッケージ構成

インストールプログラム: なし
インストールライブラリ: libvorbis.so, libvorbisenc.so, libvorbisfile.so
インストールディレクトリ: /usr/include/vorbis, /usr/share/doc/libvorbis-1.3.6

概略説明

libvorbis.so

サウンドファイルの入出力を行う関数を提供するライブラリ。

最終更新日: 2018-08-20 07:33:02 +0900