Phonon-4.10.1

Phonon の概要

Phonon は KDE に対するマルチメディア API です。 かつての aRts パッケージに置き換わるものです。 本パッケージは GStreamer や VLC のバックエンドとなります。

本パッケージは LFS-8.3 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

Phonon の依存パッケージ

必須

CMake-3.12.1, extra-cmake-modules-5.49.0, GLib-2.58.0, Qt-5.11.1

任意

PulseAudio-12.2

ユーザー情報: http://wiki.linuxfromscratch.org/blfs/wiki/phonon

Phonon のインストール

以下のコマンドを実行して Phonon をビルドします。

mkdir build &&
cd    build &&

cmake -DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr    \
      -DCMAKE_BUILD_TYPE=Release     \
      -DPHONON_BUILD_PHONON4QT5=ON   \
      -Wno-dev .. &&
make

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

コマンド説明

-DCMAKE_BUILD_TYPE=Release: 本スイッチは、最適なコンパイラーオプションを利用します。

-DPHONON_BUILD_PHONON4QT5=ON: This switch is used to ensure that Qt5 version of the library is built even if Qt4 is present.

パッケージ構成

インストールプログラム: なし
インストールライブラリ: libphonon4qt5.so, libphonon4qt5experimental.so
インストールディレクトリ: /usr/include/phonon4qt5, /usr/lib/cmake/phonon4qt5, /usr/share/phonon4qt5

最終更新日: 2018-08-21 10:36:12 +0900