Gvfs-1.32.1

Gvfs の概要

Gvfs パッケージは、ユーザー空間での仮想ファイルシステムを提供します。 これは GLib の GIO ライブラリにおける I/O 抽象 (I/O abstractions) 機能とともに動作するものとして構築されています。

本パッケージは LFS-8.0 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

Gvfs の依存パッケージ

必須

dbus-1.10.22, GLib-2.52.3

推奨

任意

Apache-2.4.27, Avahi-0.7, BlueZ-5.46, dbus-glib-0.108, Fuse-2.9.7, GTK-Doc-1.26, libarchive-3.3.2, libcdio-0.94, libgcrypt-1.8.0, libxml2-2.9.4, libxslt-1.1.29, OpenSSH-7.5p1, Samba-4.6.7, GNOME Online Accounts, libbluray, libgphoto2, libimobiledevice, libmtp, Twisted,

任意 (実行時)

obex-data-server-0.4.6

ユーザー情報: http://wiki.linuxfromscratch.org/blfs/wiki/gvfs

Gvfs のインストール

以下のコマンドを実行して Gvfs をビルドします。

./configure --prefix=/usr \
            --sysconfdir=/etc \
            --disable-gphoto2 &&
make

To test the results, issue: make -k check. Some tests (potentially half) may fail, normally due to a missing optional dependency (Twisted).

root ユーザーになって以下を実行します。

make install
[注記]

注記

DESTDIR」 手法により本パッケージをインストールする場合 /usr/share/glib-2.0/schemas/gschemas.compiled は生成更新されません。 このファイルを生成更新するためには root ユーザーになって以下のコマンドを実行します。

glib-compile-schemas /usr/share/glib-2.0/schemas

コマンド説明

--disable-gphoto2: このスイッチは libgphoto2 がインストールされていない場合に必要です。 libgphoto2 をインストールしていて、これを Gvfs にて利用したい場合は、このスイッチを取り除いてください。

--enable-gtk-doc: GTK-Doc をインストール済で API ドキュメントを再構築する場合に指定します。

パッケージ構成

インストールプログラム: gvfs-cat, gvfs-copy, gvfs-info, gvfs-less, gvfs-ls, gvfs-mime, gvfs-mkdir, gvfs-monitor-dir, gvfs-monitor-file, gvfs-mount, gvfs-move, gvfs-open, gvfs-rename, gvfs-rm, gvfs-save, gvfs-set-attribute, gvfs-trash, gvfs-tree
インストールライブラリ: libgvfscommon.so, libgvfsdaemon.so, /usr/lib/gio/modules/ 配下に数種のライブラリ
インストールディレクトリ: /usr/include/gvfs-client, /usr/{lib,share}/gvfs

概略説明

gvfs-cat

指定された複数ファイルを連結し、標準出力へ出力します。

gvfs-copy

1つの URI 位置から1つのファイルを他へコピーします。

gvfs-info

指定された位置 (locations) についての情報を出力します。

gvfs-less

executes less using the VFS as the input preprocesor, so less can access any resource accessible by any of the Gvfs backends.

gvfs-ls

指定された位置 (locations) についての情報を一覧出力します。

gvfs-mime

is used to query information about applications that are registered to handle a mime-type, or set the default handler for a mime-type.

gvfs-mkdir

URI により指定されたディレクトリを生成します。

gvfs-monitor-dir

prints information about file creation, deletion, file content and attribute changes and mount and unmount operations inside the specified directories.

gvfs-monitor-file

prints information about creation, deletion, content and attribute changes and mount and unmount operations affecting the monitored files.

gvfs-mount

provides commandline access to various aspects of GIOs mounting functionality.

gvfs-move

1つの URI 位置から1つのファイルを他へ移動します。

gvfs-open

opens files with the default application that is registered to handle files of that type.

gvfs-rename

ファイル名またはディレクトリ名を変更します。

gvfs-rm

ファイルを削除します。

gvfs-save

reads from the standard input and saves the data to the given location.

gvfs-set-attribute

sets attributes on files.

gvfs-trash

ファイルまたはディレクトリを "ごみ箱" に移動します。

gvfs-tree

lists the contents of the given directories recursively, in a tree-like format.

libgvfscommon.so

contains the common API functions used in Gvfs programs.

最終更新日: 2017-07-24 12:28:54 +0900