gnome-keyring-3.20.1

GNOME Keyring の概要

GNOME Keyring パッケージは、各ユーザーのパスワードなどの情報を保持したデーモンプログラムを提供します。

本パッケージは LFS-8.0 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

GNOME Keyring の依存パッケージ

必須

dbus-1.10.22, Gcr-3.20.0

推奨

任意

LCOV, libcap-ng, GnuPG-2.1.23, OpenSSH-7.5p1, Valgrind-3.13.0

ユーザー情報: http://wiki.linuxfromscratch.org/blfs/wiki/gnome-keyring

GNOME Keyring のインストール

以下のコマンドを実行して GNOME Keyring をビルドします。

sed -i -r 's:"(/desktop):"/org/gnome\1:' schema/*.xml &&

./configure --prefix=/usr     \
            --sysconfdir=/etc \
            --with-pam-dir=/lib/security &&
make

ビルド結果をテストする際にはセッションバスアドレスが必要です。 テストする場合は make check を実行します。

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

コマンド説明

sed ... schema/*.xml: This command fixes a deprecated entry in the schema template.

--with-pam-dir=/lib/security: このスイッチは PAM モジュールのインストール先ディレクトリを指定します。

パッケージ構成

インストールプログラム: gnome-keyring (シンボリックリンク), gnome-keyring-3, gnome-keyring-daemon
インストールライブラリ: gnome-keyring-pkcs11.so (PKCS#11 module) and pam_gnome_keyring.so (PAM module)
インストールディレクトリ: /usr/lib/gnome-keyring

概略説明

gnome-keyring-daemon

ユーザーパスワードを保持するセッションデーモンです。

最終更新日: 2017-08-17 05:38:22 +0900