Gcr-3.20.0

Gcr の概要

The Gcr package contains libraries used for displaying certificates and accessing key stores. It also provides the viewer for crypto files on the GNOME Desktop.

本パッケージは LFS-8.0 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

Gcr の依存パッケージ

必須

GLib-2.52.3, libgcrypt-1.8.0, libtasn1-4.12, p11-kit-0.23.8

推奨

任意

GTK-Doc-1.26, Valgrind-3.13.0

ユーザー情報: http://wiki.linuxfromscratch.org/blfs/wiki/gcr

Gcr のインストール

以下のコマンドを実行して Gcr をビルドします。

sed -i -r 's:"(/desktop):"/org/gnome\1:' schema/*.xml &&

./configure --prefix=/usr     \
            --sysconfdir=/etc &&
make

To test the results, issue: make -k check. The tests must be run from an X Terminal or similar, but two still fail.

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

コマンド説明

sed ... schema/*.xml: This command fixes a deprecated entry in the schema template.

--without-gtk: Use this switch if you haven't installed GTK+-3.22.18. Note that gcr-viewer will not be installed if this is passed to configure.

--enable-gtk-doc: GTK-Doc をインストール済で API ドキュメントを再構築する場合に指定します。

パッケージ構成

インストールプログラム: gcr-viewer
インストールライブラリ: libgck-1.so, libgcr-3.so, libgcr-base-3.so, libgcr-ui-3.so
インストールディレクトリ: /usr/include/gck-1, /usr/{include,share,share/gtk-doc/html}/gcr-3, /usr/share/gtk-doc/html/gck

概略説明

gcr-viewer

is used to view certificates and key files.

libgck-1.so

contains GObject bindings for PKCS#11.

libgcr-3.so

contains functions for high level crypto parsing.

最終更新日: 2017-04-06 10:33:46 +0900