Cheese-3.24.0

Cheese の概要

Cheese パッケージは、ウェブカメラを使って写真やビデオを撮ったり、さまざまなグラフィック効果を付与する機能を提供します。

本パッケージは LFS-8.0 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

Cheese の依存パッケージ

必須

clutter-gst-3.0.24, clutter-gtk-1.8.4, gnome-desktop-3.24.2, gnome-video-effects-0.4.3, gst-plugins-bad-1.12.2, gst-plugins-good-1.12.2 (built with v4l-utils-1.12.5), itstool-2.0.2, libcanberra-0.30, libgudev-231, librsvg-2.40.18

推奨

任意

GTK-Doc-1.26, libxslt-1.1.29, appstream-glib, LCOV , Nautilus SendTo

ユーザー情報: http://wiki.linuxfromscratch.org/blfs/wiki/cheese

Kernel Configuration

Depending on your camera, enable the appropriate options and recompile the kernel if necessary:

Device Drivers  --->
  Multimedia support --->
    <*> Cameras/video grabbers support  [CONFIG_MEDIA_CAMERA_SUPPORT]
    <*> Media USB Adapter  --->         [CONFIG_MEDIA_USB_SUPPORT]
              Select device(s) as needed

Cheese のインストール

以下のコマンドを実行して Cheese をビルドします。

./configure --prefix=/usr &&
make

This package does not have a working testsuite.

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

パッケージ構成

インストールプログラム: cheese
インストールライブラリ: libcheese.so, libcheese-gtk.so
インストールディレクトリ: /usr/{include,share/gtk-doc/html,share/help/*}/cheese

概略説明

cheese

グラフィック効果を伴うウェブカメラツールです。

libcheese.so

Cheese API 関数を提供します。

libcheese-gtk.so

CheeseGTK+ ウィジェットを提供します。

最終更新日: 2017-08-16 22:54:05 +0900