GConf-3.2.6

GConf の概要

GConf パッケージは、GNOME アプリケーションにてさまざまな設定を行うためのデータベースシステムを提供します。

本パッケージは LFS-8.3 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

GConf の依存パッケージ

必須

dbus-glib-0.110, libxml2-2.9.8

推奨

任意

GTK-Doc-1.29, OpenLDAP-2.4.46

ユーザー情報: http://wiki.linuxfromscratch.org/blfs/wiki/gconf

GConf のインストール

以下のコマンドを実行して GConf をビルドします。

./configure --prefix=/usr \
            --sysconfdir=/etc \
            --disable-orbit \
            --disable-static &&
make

このパッケージにテストスイートはありません。

root ユーザーになって以下を実行します。

make install &&
ln -s gconf.xml.defaults /etc/gconf/gconf.xml.system

コマンド説明

--disable-orbit: This switch is required if ORBit2 is not installed. ORBit2 is a deprecated package.

--disable-static: このスイッチはスタティックライブラリをインストールしないようにします。

--enable-gtk-doc: GTK-Doc をインストール済で API ドキュメントを再構築する場合に指定します。

パッケージ構成

インストールプログラム: gconf-merge-tree, gconftool-2, gsettings-data-convert, gsettings-schema-convert
インストールライブラリ: libgconf-2.so and libgsettingsgconfbackend.so (GIO Module installed in /usr/lib/gio/modules)
インストールディレクトリ: /etc/gconf, /usr/include/gconf, /usr/lib/GConf, /usr/share/gtk-doc/html/gconf, /usr/share/sgml/gconf

概略説明

gconf-merge-tree

merges an XML filesystem hierarchy.

gconftool-2

is a command line tool used for manipulating the GConf database.

gsettings-data-convert

reads values out of the users GConf database and stores them in GSettings.

gsettings-schemas-convert

converts between GConf and GSettings schema file formats.

libgconf-2.so

provides the functions necessary to maintain the configuration database.

最終更新日: 2018-08-20 07:33:02 +0900