usbutils-008

USB Utils の概要

USB Utils パッケージは USB バスやそこに接続されるデバイスの情報を参照する機能を提供します。

本パッケージは LFS-8.1 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

USB Utils の依存パッケージ

必須

libusb-1.0.21

実行時に必須

Python-2.7.13

ユーザー情報: http://wiki.linuxfromscratch.org/blfs/wiki/usbutils

USB Utils のインストール

以下のコマンドを実行して USB Utils をビルドします。

sed -i '/^usbids/ s:usb.ids:hwdata/&:' lsusb.py &&

./configure --prefix=/usr --datadir=/usr/share/hwdata &&
make

このパッケージにテストスイートはありません。

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

データファイル usb.ids をインストールするには Wget-1.19.1 を利用し root ユーザーになって以下を実行します。

install -dm755 /usr/share/hwdata/ &&
wget http://www.linux-usb.org/usb.ids -O /usr/share/hwdata/usb.ids

The script lsusb.py displays information in a more easily readable form than lsusb. To find the options, use lsusb.py -h. One form of use recommended by the developer is lsusb.py -ciu.

コマンド説明

sed ... lsusb.py: Instructs lsusb.py where to search usb.ids.

USB Utils の設定

usb.ids というデータファイルは常に更新されています。 最新版を入手するには root ユーザーになり Wget-1.19.1 コマンドを使って定期的に以下を実行します。

wget http://www.linux-usb.org/usb.ids -O /usr/share/hwdata/usb.ids

crontab において root ユーザー (あるいは /usr/share/hwdata ディレクトリに対する書き込み権限を有するユーザー) に対する項目を追加して usb.ids ファイルを定期的に自動更新することもできます。

パッケージ構成

インストールプログラム: lsusb, lsusb.py, usb-devices, and usbhid-dump
インストールライブラリ: なし
インストールディレクトリ: なし

概略説明

lsusb

is a utility for displaying information about all USB buses in the system and all devices connected to them, but not in human friendly form.

lsusb.py

displays information about all USB buses in the system and all devices connected to them in reasonable human friendly form.

usb-devices

is a shell script that displays details of USB buses and devices connected to them. It is designed to be used if /proc/bus/usb/devices is not available on your system.

usbhid-dump

is used to dump report descriptors and streams from HID (human interface device) interfaces of USB devices.

最終更新日: 2017-08-21 07:06:11 +0900