Ruby-2.4.1

Ruby の概要

Ruby パッケージは Ruby 開発環境を提供します。 オブジェクト指向スクリプティングを実現するものです。

本パッケージは LFS-8.1 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

  • ダウンロード (HTTP): http://cache.ruby-lang.org/pub/ruby/2.4/ruby-2.4.1.tar.xz

  • ダウンロード MD5 sum: 894467211c4ae1dbf8a41bb0d58bbc89

  • ダウンロードサイズ: 9.5 MB

  • 必要ディスク容量: 338 MB, with checks (add 247 MB for C API docs)

  • 概算ビルド時間: 2.4 SBU, with checks (add 0.5 SBU for C API docs)

Ruby の依存パッケージ

任意

Berkeley DB-6.2.32, Doxygen-1.8.13, Graphviz-2.38.0, libffi-3.2.1, OpenSSL-1.1.0f, Tk-8.6.7, Valgrind-3.13.0, YAML-0.1.6

ユーザー情報: http://wiki.linuxfromscratch.org/blfs/wiki/ruby

Ruby のインストール

以下のコマンドを実行して Ruby をビルドします。

./configure --prefix=/usr   \
            --enable-shared \
            --docdir=/usr/share/doc/ruby-2.4.1 &&
make

Optionally, build the CAPI documents by running the following commands:

make capi

ビルド結果をテストする場合は make check を実行します。

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

コマンド説明

--enable-shared: このスイッチは libruby の共有ライブラリをビルドします。

--disable-install-doc: This switch disables building and installing rdoc indexes and C API documents.

--disable-install-rdoc: This switch disables building and installing rdoc indexes.

--disable-install-capi: This switch disables building and installing C API documents.

パッケージ構成

インストールプログラム: erb, gem, irb, rake, rdoc, ri, ruby
インストールライブラリ: libruby.so, libruby-static.a
インストールディレクトリ: /usr/include/ruby-2.4.0 /usr/lib/ruby, /usr/share/doc/ruby-2.4.1, /usr/share/ri

概略説明

erb

Tiny eRuby です。 これはテキストファイルに埋め込まれた Ruby コードを実行します。

gem

command for RubyGems - a sophisticated package manager for Ruby.

irb

Ruby に対するインタラクティブなインターフェースを提供します。

rake

a make-like build utility for Ruby.

rdoc

generates Ruby documentation.

ri

Ruby のクラス、モジュール、メソッドに対するドキュメントを、データベースより表示します。

ruby

オブジェクト指向プログラミングを素早く容易に実現する、インタープリタースクリプト言語です。

libruby.so

Ruby が必要とする API 関数を提供します。

最終更新日: 2017-08-21 12:24:54 +0900