Redland-1.0.17

Redland の概要

Redland は、リソースディスクリプションフレームワーク (Resource Description Framework; RDF) をサポートするフリーソフトウェアの C ライブラリ群です。

本パッケージは LFS-8.3 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

Redland の依存パッケージ

必須

Rasqal-0.9.33

任意

Berkeley DB-5.3.28, libiodbc-3.52.12, SQLite-3.24.0, MariaDB-10.3.9 または MySQL, PostgreSQL-10.5, virtuoso, 3store

ユーザー情報: http://wiki.linuxfromscratch.org/blfs/wiki/redland

Redland のインストール

以下のコマンドを実行して Redland をビルドします。

./configure --prefix=/usr --disable-static &&
make

ビルド結果をテストする場合は make check を実行します。

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

コマンド説明

--disable-static: このスイッチはスタティックライブラリをインストールしないようにします。

パッケージ構成

インストールプログラム: rdfproc, redland-config, redland-db-upgrade
インストールライブラリ: librdf.so, /usr/lib/redland/librdf_storage_*.so
インストールディレクトリ: /usr/lib/redland, /usr/share/gtk-doc/html/redland, /usr/share/redland

概略説明

rdfproc

Redland RDF プロセッサーユーティリティ。

redland-config

インストールされている Redland のバージョン情報を取得するスクリプト。

redland-db-upgrade

古い Redland データベースを 0.9.12 フォーマットに更新します。

最終更新日: 2018-08-26 06:33:31 +0900