Qca-2.2.1

Qca の概要

QCA は、クロスプラットフォーム対応の分かりやすい暗号化 API を提供します。 これは Qt のデータタイプとその手法を採用しています。 QCA は、Providers と呼ばれるプラグインを用いて、実装と API の分離を図っています。

本パッケージは LFS-9.0 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

  • ダウンロード (HTTP): http://download.kde.org/stable/qca/2.2.1/qca-2.2.1.tar.xz

  • ダウンロード MD5 sum: 5d809bf0ade891dc89dfd7639cbeaa9d

  • ダウンロードサイズ: 676 KB

  • 必要ディスク容量: 30 MB

  • 概算ビルド時間: 0.6 SBU (using parallelism=4; add 1.0 SBU for tests)

Qca の依存パッケージ

必須

make-ca-1.5, CMake-3.16.4, Qt-5.14.1, and Which-2.21

Optional

Cyrus SASL-2.1.27, GnuPG-2.2.19, libgcrypt-1.8.5, libgpg-error-1.37, NSS-3.50, NSPR-4.25, p11-kit-0.23.20, Doxygen-1.8.17, Which-2.21, and Botan

ユーザー情報: http://wiki.linuxfromscratch.org/blfs/wiki/qca

Qca のインストール

Fix the location of the CA certificates:

sed -i 's@cert.pem@certs/ca-bundle.crt@' CMakeLists.txt

以下のコマンドを実行して Qca をビルドします。

mkdir build &&
cd    build &&

cmake -DCMAKE_INSTALL_PREFIX=$QT5DIR            \
      -DCMAKE_BUILD_TYPE=Release                \
      -DQCA_MAN_INSTALL_DIR:PATH=/usr/share/man \
      .. &&
make

ビルド結果をテストする場合は make test を実行します。 GnuPG-2.2.19 を利用するテスト 1 つが、適正なパスフレーズが得られないため失敗します。 ここに必要となるパスフレーズは公開されていないようです。

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

コマンド説明

-DCMAKE_BUILD_TYPE=Release: This switch is used to apply a higher level of compiler optimizations.

-DQCA_MAN_INSTALL_DIR:PATH=/usr/share/man: Install the qca man page in the normal location.

パッケージ構成

インストールプログラム: mozcerts-qt5, qcatool-qt5
インストールライブラリ: libqca-qt5.so, libqca-cyrus-sasl.so, libqca-gcrypt.so, libqca-gnupg.so, libqca-logger.so, libqca-nss.so, libqca-ossl.so, libqca-softstore.so
インストールディレクトリ: $QT5DIR/include/Qca-qt5, $QT5DIR/lib/cmake/Qca-qt5, $QT5DIR/lib/qca-qt5

概略説明

mozcerts-qt5

is a command line tool for converting certdata.txt into outfile.pem files.

qcatool-qt5

Qca による種々の暗号化処理を実現するコマンドラインツール。

libqca-qt5.so

Qt 暗号アーキテクチャー (Qt Cryptography Architecture; Qca) ライブラリ。

最終更新日: 2020-02-20 09:31:22 +0900