Perl Module Dependencies

Perl Modules which are only required by other modules

The modules on the previous page are referenced from other pages in BLFS, but these modules are only in the book as dependencies of those modules. If you use the CPAN install method, you do not need to read this page.

The BLFS editors pay much less attention to these modules, and the versions will not be regularly reviewed. In all cases, only the required or recommended dependencies are listed - there might be other modules which allow more tests to be run, but omitting them will still allow the tests to PASS.

[注記]

注記

The links on this page (to metacpan.org) should go to "known good" versions, for which their dependencies are correct. If you wish to use a later version, please check the Changes file at https://metacpan.org - sometimes added dependencies are listed, other times not. Some of these modules have very frequent updates, often bringing different dependencies. The linked metacpan.org versions below are known to build and work with the module versions in BLFS-10.0..

However, if you notice that the Changes file for a newer version than is in the current development book reports a fix for a security issue, please report this to either the blfs-dev or the blfs-support list.

Similarly, if you discover that an updated module on the previous page needs an extra dependency, please report this.

User Notes: http://wiki.linuxfromscratch.org/blfs/wiki/perl-modules

Algorithm::Diff-1.1903

Algorithm::Diff の概要

Algorithm::Diff computes 'intelligent' differences between two files or lists.

本パッケージは LFS-10.0 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

Algorithm::Diff のインストール

本モジュールは、標準的なビルドとインストールの手順に従います。

perl Makefile.PL &&
make             &&
make test

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

Alien::Build-2.26

Alien::Build の概要

Alien::Build provides tools for building external (non-CPAN) dependencies for CPAN.

本パッケージは LFS-10.0 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

Alien::Build の依存パッケージ

必須

Capture-Tiny-0.48, File-Which-1.23, FFI-CheckLib-0.27, File-chdir-0.1010

Alien::Build のインストール

本モジュールは、標準的なビルドとインストールの手順に従います。

perl Makefile.PL &&
make             &&
make test

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

Alien::Libxml2-0.16

Alien::Libxml2 の概要

Alien::Libxml2 is designed to allow modules to install the C libxml2 library on your system. In BLFS, it uses pkg-config to find how to link to the installed libxml2-2.9.10.

本パッケージは LFS-10.0 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

Alien::Libxml2 の依存パッケージ

必須

Alien-Build-2.26, libxml2-2.9.10

推奨 (テストスイートに必要)

Alien::Libxml2 のインストール

本モジュールは、標準的なビルドとインストールの手順に従います。

perl Makefile.PL &&
make             &&
make test

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

B::COW-0.004

B::COW の概要

B::COW provides additional helpers for the B core module to check Copy On Write.

本パッケージは LFS-10.0 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

B::COW のインストール

本モジュールは、標準的なビルドとインストールの手順に従います。

perl Makefile.PL &&
make             &&
make test

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

B::Hooks::EndOfScope-0.24

B::Hooks::EndOfScope の概要

B::Hooks::EndOfScope allows you to execute code when perl finished compiling the surrounding scope.

本パッケージは LFS-10.0 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

B::Hooks::EndOfScope の依存パッケージ

必須

Module-Implementation-0.09, Sub-Exporter-Progressive-0.001013, Variable-Magic-0.62

推奨 (テストスイートに必要)

B::Hooks::EndOfScope のインストール

本モジュールは、標準的なビルドとインストールの手順に従います。

perl Makefile.PL &&
make             &&
make test

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

Business::ISBN::Data-20191107

Business-ISBN-Data の概要

Business-ISBN-Data is a data pack for Business::ISBN.

本パッケージは LFS-10.0 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

Business-ISBN-Data のインストール

本モジュールは、標準的なビルドとインストールの手順に従います。

perl Makefile.PL &&
make             &&
make test

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

Capture::Tiny-0.48

Capture::Tiny の概要

The Capture::Tiny module captures STDOUT and STDERR from Perl, XS (eXternal Subroutine, i.e. written in C or C++) or external programs.

本パッケージは LFS-10.0 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

Capture::Tiny のインストール

本モジュールは、標準的なビルドとインストールの手順に従います。

perl Makefile.PL &&
make             &&
make test

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

Class::Data::Inheritable-0.08

Class::Data::Inheritable の概要

Class::Data::Inheritable is for creating accessor/mutators to class data. That is, if you want to store something about your class as a whole (instead of about a single object).

本パッケージは LFS-10.0 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

Class::Data::Inheritable のインストール

本モジュールは、標準的なビルドとインストールの手順に従います。

perl Makefile.PL &&
make             &&
make test

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

Class::Inspector-1.36

Class::Inspector の概要

Class::Inspector allows you to get information about a loaded class.

本パッケージは LFS-10.0 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

Class::Inspector のインストール

本モジュールは、標準的なビルドとインストールの手順に従います。

perl Makefile.PL &&
make             &&
make test

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

Class::Singleton-1.5

Class::Singleton の概要

A Singleton describes an object class that can have only one instance in any system, such as a print spooler. This module implements a Singelton class from which other classes can be derived.

本パッケージは LFS-10.0 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

Class::Singleton のインストール

本モジュールは、標準的なビルドとインストールの手順に従います。

perl Makefile.PL &&
make             &&
make test

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

Class:Tiny-1.006

Class:Tiny の概要

Class:Tiny offers a minimalist class construction kit.

本パッケージは LFS-10.0 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

Class:Tiny のインストール

本モジュールは、標準的なビルドとインストールの手順に従います。

perl Makefile.PL &&
make             &&
make test

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

Clone-0.45

Clone の概要

Clone recursively copies perl datatypes.

本パッケージは LFS-10.0 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

Clone Dependencies

Recommended (required for the testsuite)

Clone のインストール

本モジュールは、標準的なビルドとインストールの手順に従います。

perl Makefile.PL &&
make             &&
make test

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

Config::AutoConf-0.318

Config::AutoConf の概要

The Config::AutoConf module implements some of the AutoConf macros (detecting a command, detecting a library, etc.) in pure perl.

本パッケージは LFS-10.0 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

Config::AutoConf の依存パッケージ

必須

Capture-Tiny-0.48, File-Slurper-0.012

Config::AutoConf のインストール

本モジュールは、標準的なビルドとインストールの手順に従います。

perl Makefile.PL &&
make             &&
make test

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

CPAN::Meta::Check-0.014

CPAN::Meta::Check の概要

CPAN::Meta::Check verifies if requirements described in a CPAN::Meta object are present.

本パッケージは LFS-10.0 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

CPAN::Meta::Check の依存パッケージ

推奨 (テストスイートに必要)

CPAN::Meta::Check のインストール

本モジュールは、標準的なビルドとインストールの手順に従います。

perl Makefile.PL &&
make             &&
make test

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

DateTime-1.52

DateTime の概要

DateTime is a date and time object for perl.

本パッケージは LFS-10.0 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

DateTime の依存パッケージ

必須

DateTime-Locale-1.26, DateTime-TimeZone-2.39

推奨 (テストスイートに必要)

DateTime のインストール

本モジュールは、標準的なビルドとインストールの手順に従います。

perl Makefile.PL &&
make             &&
make test

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

DateTime::Format::Strptime-1.77

DateTime::Format::Strptime の概要

DateTime::Format::Strptime implements most of strptime(3), i.e. it takes a string and a pattern and returns a DateTime object.

本パッケージは LFS-10.0 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

DateTime::Format::Strptime の依存パッケージ

必須

DateTime-1.52

DateTime::Format::Strptime のインストール

本モジュールは、標準的なビルドとインストールの手順に従います。

perl Makefile.PL &&
make             &&
make test

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

DateTime::Locale-1.26

DateTime::Locale の概要

DateTime::Locale provides localization support for DateTime-1.52.

本パッケージは LFS-10.0 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

DateTime::Locale の依存パッケージ

必須

Dist-CheckConflicts-0.11, File-ShareDir-1.116, namespace-autoclean-0.29, Params-ValidationCompiler-0.30

推奨 (テストスイートに必要)

DateTime::Locale のインストール

本モジュールは、標準的なビルドとインストールの手順に従います。

perl Makefile.PL &&
make             &&
make test

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

DateTime::TimeZone-2.39

DateTime::TimeZone の概要

This class is the base class for all time zone objects. A time zone is represented internally as a set of observances, each of which describes the offset from GMT for a given time period.

本パッケージは LFS-10.0 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

DateTime::TimeZone の依存パッケージ

必須

Class-Singleton-1.5, Module-Runtime-0.016, Params-ValidationCompiler-0.30

推奨 (テストスイートに必要)

DateTime::TimeZone のインストール

本モジュールは、標準的なビルドとインストールの手順に従います。

perl Makefile.PL &&
make             &&
make test

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

Devel::StackTrace-2.04

Devel::StackTrace の概要

Devel::StackTrace provides an object representing a stacvk trace.

本パッケージは LFS-10.0 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

Devel::StackTrace のインストール

本モジュールは、標準的なビルドとインストールの手順に従います。

perl Makefile.PL &&
make             &&
make test

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

Dist::CheckConflicts-0.11

Dist::CheckConflicts の概要

Dist::CheckConflicts declares version conflicts for a distribution, to support post-install updates of dependant distributions.

本パッケージは LFS-10.0 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

Dist::CheckConflicts の依存パッケージ

必須

Module-Runtime-0.016

推奨 (テストスイートに必要)

Dist::CheckConflicts のインストール

本モジュールは、標準的なビルドとインストールの手順に従います。

perl Makefile.PL &&
make             &&
make test

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

Encode::Locale-1.05

Encode::Locale の概要

Encode::Locale determines the locale encoding.

本パッケージは LFS-10.0 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

Encode::Locale のインストール

本モジュールは、標準的なビルドとインストールの手順に従います。

perl Makefile.PL &&
make             &&
make test

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

Eval::Closure-0.14

Eval::Closure の概要

Eval::Closure safely and cleanly creates closures via string eval.

本パッケージは LFS-10.0 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

Eval::Closure の依存パッケージ

推奨 (テストスイートに必要)

Eval::Closure のインストール

本モジュールは、標準的なビルドとインストールの手順に従います。

perl Makefile.PL &&
make             &&
make test

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

Exception::Class-1.44

Exception::Class の概要

Exception::Class allows you to declare real exception classes in Perl.

本パッケージは LFS-10.0 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

Exception::Class の依存パッケージ

必須

Class-Data-Inheritable-0.08, Devel-StackTrace-2.04

Exception::Class のインストール

本モジュールは、標準的なビルドとインストールの手順に従います。

perl Makefile.PL &&
make             &&
make test

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

Exporter::Tiny-1.002002

Exporter::Tiny の概要

Exporter::Tiny is an exporter with the features of Sub::Exporter but only core dependencies.

本パッケージは LFS-10.0 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

Exporter::Tiny のインストール

本モジュールは、標準的なビルドとインストールの手順に従います。

perl Makefile.PL &&
make             &&
make test

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

ExtUtils::LibBuilder-0.08

ExtUtils::LibBuilder の概要

ExtUtils::LibBuilder is a tool to build C libraries.

本パッケージは LFS-10.0 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

ExtUtils::LibBuilder の依存パッケージ

必須

Module-Build-0.4231

ExtUtils::LibBuilder のインストール

This module is built using Build.PL:

perl Build.PL &&
./Build       &&
./Build test

Now, as the root user:

./Build install

FFI::CheckLib-0.27

FFI::CheckLib の概要

FFI::CheckLib checks whether a particular dynamic library is available for FFI (Foreign Function Interface) to use.

本パッケージは LFS-10.0 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

FFI::CheckLib の依存パッケージ

推奨 (テストスイートに必要)

FFI::CheckLib のインストール

本モジュールは、標準的なビルドとインストールの手順に従います。

perl Makefile.PL &&
make             &&
make test

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

File::chdir-0.1010

File::chdir の概要

File::chdir provides a more sensible way to change directories.

Perl's chdir() has the unfortunate problem of being very, very, very global. If any part of your program calls chdir() or if any library you use calls chdir(), it changes the current working directory for the *whole* program. File::chdir gives you an alternative, $CWD and @CWD.

本パッケージは LFS-10.0 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

File::chdir のインストール

本モジュールは、標準的なビルドとインストールの手順に従います。

perl Makefile.PL &&
make             &&
make test

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

File::Copy::Recursive-0.45

File::Copy::Recursive の概要

This module copies and moves directories recursively (or single files), to an optional depth and attempts to preserve each file or directory's mode.

本パッケージは LFS-10.0 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

File::Copy::Recursive の依存パッケージ

推奨 (テストスイートに必要)

File::Copy::Recursive のインストール

本モジュールは、標準的なビルドとインストールの手順に従います。

perl Makefile.PL &&
make             &&
make test

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

File::Find::Rule-0.34

File::Find::Rule の概要

File::Find::Rule is a friendlier interface to File::Find. It allows you to build rules which specify the desired files and directories.

本パッケージは LFS-10.0 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

File::Find::Rule の依存パッケージ

必須

Number-Compare-0.03, Text-Glob-0.11

File::Find::Rule のインストール

本モジュールは、標準的なビルドとインストールの手順に従います。

perl Makefile.PL &&
make             &&
make test

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

パッケージ構成

インストールプログラム: findrule

概略説明

findrule

is a command line wrapper to File::Find::Rule.

File::Listing-6.04

File::Listing の概要

File::Listing parses a directory listing.

本パッケージは LFS-10.0 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

File::Listing の依存パッケージ

必須

HTTP-Date-6.05,

File::Listing のインストール

本モジュールは、標準的なビルドとインストールの手順に従います。

perl Makefile.PL &&
make             &&
make test

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

File::ShareDir-1.116

File::ShareDir の概要

File::ShareDir allows you to access data files which have been installed by File::ShareDir::Install.

本パッケージは LFS-10.0 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

File::ShareDir の依存パッケージ

必須

Class-Inspector-1.36, File-ShareDir-Install-0.13

File::ShareDir のインストール

本モジュールは、標準的なビルドとインストールの手順に従います。

perl Makefile.PL &&
make             &&
make test

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

File::ShareDir::Install-0.13

File::ShareDir::Install の概要

File::ShareDir::Install allows you to install read-only data files from a distribution.

本パッケージは LFS-10.0 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

File::ShareDir::Install のインストール

本モジュールは、標準的なビルドとインストールの手順に従います。

perl Makefile.PL &&
make             &&
make test

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

HTML::Tagset-3.20

HTML::Tagset の概要

HTML::Tagset provides several data tables useful in parsing HTML.

本パッケージは LFS-10.0 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

HTML::Tagset のインストール

本モジュールは、標準的なビルドとインストールの手順に従います。

perl Makefile.PL &&
make             &&
make test

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

HTTP::Cookies-6.08

HTTP::Cookies の概要

HTTP::Cookies provides a class for objects that represent a "cookie jar" -- that is, a database of all the HTTP cookies that a given LWP::UserAgent (from libwww-perl-6.46) object knows about.

本パッケージは LFS-10.0 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

HTTP::Cookies の依存パッケージ

必須

HTTP-Message-6.25

HTTP::Cookies のインストール

本モジュールは、標準的なビルドとインストールの手順に従います。

perl Makefile.PL &&
make             &&
make test

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

HTTP::Date-6.05

Introduction to HTTP::Date

HTTP::Date provides functions to deal with the date formats used by the HTTP protocol and also with some other date formats.

本パッケージは LFS-10.0 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

Package Information

HTTP::Date Dependencies

Recommended

Installation of HTTP::Date

本モジュールは、標準的なビルドとインストールの手順に従います。

perl Makefile.PL &&
make             &&
make test

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

HTTP::Message-6.25

HTTP::Message の概要

HTTP::Message provides a base class for HTTP style message objects.

本パッケージは LFS-10.0 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

HTTP::Message の依存パッケージ

必須

Encode-Locale-1.05, HTTP-Date-6.05, IO-HTML-1.001, LWP-MediaTypes-6.04, URI-1.76

推奨 (テストスイートに必要)

HTTP::Message のインストール

本モジュールは、標準的なビルドとインストールの手順に従います。

perl Makefile.PL &&
make             &&
make test

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

HTTP::Negotiate-6.01

HTTP::Negotiate の概要

HTTP::Negotiate provides a complete implementation of the HTTP content negotiation algorithm.

本パッケージは LFS-10.0 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

HTTP::Negotiate の依存パッケージ

推奨 (テストスイートに必要)

HTTP::Negotiate のインストール

本モジュールは、標準的なビルドとインストールの手順に従います。

perl Makefile.PL &&
make             &&
make test

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

Importer-0.025

Importer の概要

Importer provides an alternative but compatible interface to modules that export symbols.

本パッケージは LFS-10.0 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

Importer のインストール

本モジュールは、標準的なビルドとインストールの手順に従います。

perl Makefile.PL &&
make             &&
make test

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

IO::HTML-1.001

IO::HTML の概要

IO::HTML opens an HTML file with automatic character set detection.

本パッケージは LFS-10.0 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

IO::HTML のインストール

本モジュールは、標準的なビルドとインストールの手順に従います。

perl Makefile.PL &&
make             &&
make test

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

IPC::System::Simple-1.30

IPC::System::Simple の概要

IPC::System::Simple takes the hard work out of calling external commands and producing detailed diagnostics.

本パッケージは LFS-10.0 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

IPC::System::Simple のインストール

本モジュールは、標準的なビルドとインストールの手順に従います。

perl Makefile.PL &&
make             &&
make test

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

libwww-perl-6.46

Introduction to LWP - The World-wide Web library for Perl

The libwww-perl collection is a set of Perl modules which provides a simple and consistent application programming interface (API) to the World-Wide Web. The main focus of the library is to provide classes and functions that allow you to write WWW clients. The library also contains modules that are of more general use and even classes that help you implement simple HTTP servers.

本パッケージは LFS-10.0 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

libwww-perl の依存パッケージ

必須

File-Listing-6.04, HTTP-Cookies-6.08, HTTP-Daemon-6.12, HTTP-Negotiate-6.01, HTML-Parser-3.72, Net-HTTP-6.19, Try-Tiny-0.30, WWW-RobotRules-6.02

推奨 (テストスイートに必要)

libwww-perl のインストール

本モジュールは、標準的なビルドとインストールの手順に従います。

perl Makefile.PL &&
make             &&
make test

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

After installing this package, if you want HTTPS protocol support install LWP-Protocol-https-6.09.

パッケージ構成

インストールプログラム: lwp-download, lwp-dump, lwp-mirror, lwp-request

概略説明

lwp-download

is a script to fetch a large file from the web.

lwp-dump

is used to see what headers and content is returned for a URL.

lwp-mirror

is a simple mirror utility.

lwp-request

is a simple command line user agent.

List::MoreUtils::XS-0.428

List::MoreUtils::XS の概要

List::MoreUtils::XS is a compiled backend for List::MoreUtils

本パッケージは LFS-10.0 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

List::MoreUtils::XS のインストール

本モジュールは、標準的なビルドとインストールの手順に従います。

perl Makefile.PL &&
make             &&
make test

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

List::SomeUtils-0.58

List::SomeUtils の概要

List::SomeUtils provides the stuff misisng in List::Util.

本パッケージは LFS-10.0 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

List::SomeUtils の依存パッケージ

必須

Module-Implementation-0.09, List-SomeUtils-XS-0.58

List::SomeUtils のインストール

本モジュールは、標準的なビルドとインストールの手順に従います。

perl Makefile.PL &&
make             &&
make test

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

List::SomeUtils::XS-0.58

List::SomeUtils::XS の概要

List::SomeUtils::XS is a (faster) XS (eXternal Subroutine) implementation for List::SomeUtils.

本パッケージは LFS-10.0 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

List::SomeUtils::XS の依存パッケージ

推奨 (テストスイートに必要)

List::SomeUtils::XS のインストール

本モジュールは、標準的なビルドとインストールの手順に従います。

perl Makefile.PL &&
make             &&
make test

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

List::UtilsBy-0.11

List::UtilsBy の概要

List::UtilsBy provides a number of higher-order list utility functions.

本パッケージは LFS-10.0 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

List::UtilsBy のインストール

本モジュールは、標準的なビルドとインストールの手順に従います。

perl Makefile.PL &&
make             &&
make test

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

LWP::MediaTypes-6.04

LWP::MediaTypes の概要

LWP::MediaTypes guesses the media type (i.e. the MIME Type) for a file or URL.

本パッケージは LFS-10.0 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

LWP::MediaTypes の依存パッケージ

推奨 (テストスイートに必要)

LWP::MediaTypes のインストール

本モジュールは、標準的なビルドとインストールの手順に従います。

perl Makefile.PL &&
make             &&
make test

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

MIME::Charset-1.012.2

MIME::Charset の概要

MIME::Charset provides information about character sets used for MIME messages o nthe internet, such as their encodings.

本パッケージは LFS-10.0 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

MIME::Charset の依存パッケージ

推奨

MIME::Charset のインストール

This module uses a variant of the standard build and installation instructions:

yes '' | perl Makefile.PL &&
make             &&
make test

Now, as the root user:

make install

コマンド説明

yes |: Perl will ask if you wish to install a further module for handling legacy Japanese encodings, and another which it would use for translating documentation to Japanese. The default option is 'n', using 'yes' allows you to script the build.

Module::Implementation-0.09

Module::Implementation の概要

Module::Implementation loads one of several alternate underlying implementations of a module (e.g. eXternal Subroutine or pure Perl, or an implementation for a given OS).

本パッケージは LFS-10.0 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

Module::Implementation の依存パッケージ

必須

Module-Runtime-0.016, Try-Tiny-0.30

推奨 (テストスイートに必要)

Module::Implementation のインストール

本モジュールは、標準的なビルドとインストールの手順に従います。

perl Makefile.PL &&
make             &&
make test

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

Module::Pluggable-5.2

Module::Pluggable の概要

Module::Pluggable provides a way of having 'plugins' for your module.

本パッケージは LFS-10.0 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

Module::Pluggable のインストール

本モジュールは、標準的なビルドとインストールの手順に従います。

perl Makefile.PL &&
make             &&
make test

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

Module::Runtime-0.016

Module::Runtime の概要

Module::Runtime provides functions to deal with runtime handling of Perl modules.

本パッケージは LFS-10.0 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

Module::Runtime のインストール

Although Module::Build is still listed as a prerequisite, it is no-longer necessary on systems with a working make.

本モジュールは、標準的なビルドとインストールの手順に従います。

perl Makefile.PL &&
make             &&
make test

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

MRO::Compat-0.13

MRO::Compat の概要

The "mro" namespace provides several utilities for dealing with method resolution order and method caching in general in Perl 5.9.5 and higher. This module provides those interfaces for earlier versions of Perl.

本パッケージは LFS-10.0 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

MRO::Compat のインストール

本モジュールは、標準的なビルドとインストールの手順に従います。

perl Makefile.PL &&
make             &&
make test

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

namespace::autoclean-0.29

namespace::autoclean の概要

This module is very similar to namespace::clean, except it will clean all imported functions, no matter if you imported them before or after you used the pragma. It will also not touch anything that looks like a method.

本パッケージは LFS-10.0 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

namespace::autoclean の依存パッケージ

必須

namespace-clean-0.27, Sub-Identify-0.14

Recommended (required for the testsuite)

namespace::autoclean のインストール

本モジュールは、標準的なビルドとインストールの手順に従います。

perl Makefile.PL &&
make             &&
make test

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

namespace::clean-0.27

namespace::clean の概要

This package allows you to keep imports and functions out of your namespace.

本パッケージは LFS-10.0 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

namespace::clean の依存パッケージ

必須

B-Hooks-EndOfScope-0.24, Package-Stash-0.38

namespace::clean のインストール

本モジュールは、標準的なビルドとインストールの手順に従います。

perl Makefile.PL &&
make             &&
make test

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

Net::HTTP-6.19

Net::HTTP の概要

The Net::HTTP class is a low level HTTP client. An instance of the class represents a connection to an HTTP server.

本パッケージは LFS-10.0 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

Net::HTTP の依存パッケージ

必須

URI-1.76

Net::HTTP のインストール

本モジュールは、標準的なビルドとインストールの手順に従います。

perl Makefile.PL &&
make             &&
make test

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

Net::SSLeay-1.88

Net::SSLeay の概要

Net::SSLeay is a PERL extension for using OpenSSL.

本パッケージは LFS-10.0 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

Net::SSLeay のインストール

[注記]

注記

If enabling the external tests, one test in t/external/15_altnames.t may fail.

This module uses a variant of the standard build and installation instructions:

yes '' | perl Makefile.PL &&
make             &&
make test

Now, as the root user:

make install

コマンド説明

yes '': Perl will ask if you wish to run external tests, which will fail if you do not have network connectivity. The default is 'n', specifying this allows you to script the build.

Number::Compare-0.03

Number::Compare の概要

Number::Compare compiles a simple comparison to an anonymous subroutine, which you can call with a value to be tested against. It understands IEC standard magnitudes (k, ki, m, mi, g, gi).

本パッケージは LFS-10.0 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

Number::Compare のインストール

本モジュールは、標準的なビルドとインストールの手順に従います。

perl Makefile.PL &&
make             &&
make test

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

Package::Stash-0.38

Package::Stash の概要

Manipulating stashes (Perl's symbol tables) is occasionally necessary, but incredibly messy, and easy to get wrong. This module hides all of that behind a simple API.

本パッケージは LFS-10.0 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

Package::Stash の依存パッケージ

必須

Dist-CheckConflicts-0.11, Module-Implementation-0.09

推奨 (テストスイートに必要)

Package::Stash のインストール

本モジュールは、標準的なビルドとインストールの手順に従います。

perl Makefile.PL &&
make             &&
make test

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

Params::Validate-1.29

Params::Validate の概要

Params::Validate allows you to validate method or function call parameters to an arbitrary level of specificity.

本パッケージは LFS-10.0 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

Params::Validate の依存パッケージ

必須

Module-Build-0.4231, Module-Implementation-0.09

推奨 (テストスイートに必要)

Params::Validate のインストール

This module is built using Build.PL:

perl Build.PL &&
./Build       &&
./Build test

Now, as the root user:

./Build install

Params::ValidationCompiler-0.30

Params::ValidationCompiler の概要

Params::ValidationCompiler builds an optimized subroutine parameter validator.

本パッケージは LFS-10.0 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

Params::ValidationCompiler の依存パッケージ

必須

Exception-Class-1.44, Specio-0.46

推奨 (テストスイートに必要)

Params::ValidationCompiler のインストール

本モジュールは、標準的なビルドとインストールの手順に従います。

perl Makefile.PL &&
make             &&
make test

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

Path::Tiny-0.114

Path::Tiny の概要

Path::Tiny provides a small fast utility for working with file paths.

本パッケージは LFS-10.0 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

Path::Tiny のインストール

本モジュールは、標準的なビルドとインストールの手順に従います。

perl Makefile.PL &&
make             &&
make test

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

Role::Tiny-2.001004

Role::Tiny の概要

Role::Tiny is a minimalist role composition tool.

本パッケージは LFS-10.0 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

Role::Tiny のインストール

本モジュールは、標準的なビルドとインストールの手順に従います。

perl Makefile.PL &&
make             &&
make test

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

Scope::Guard-0.21

Scope::Guard の概要

Scope::Guard provides a convenient way to perform cleanup or other forms of resource management at the end of a scope.

本パッケージは LFS-10.0 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

Scope::Guard のインストール

本モジュールは、標準的なビルドとインストールの手順に従います。

perl Makefile.PL &&
make             &&
make test

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

Specio-0.46

Specio の概要

Specio provides classes for representing type constraints and coercion, along with syntax sugar for declaring them.

本パッケージは LFS-10.0 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

Specio の依存パッケージ

必須

Devel-StackTrace-2.04, Eval-Closure-0.14, Module-Runtime-0.016, Role-Tiny-2.001004, Sub-Quote-2.006006, Try-Tiny-0.30

推奨 (テストスイートに必要)
任意

namespace-autoclean-0.29 (テストスイートのため)

Specio のインストール

本モジュールは、標準的なビルドとインストールの手順に従います。

perl Makefile.PL &&
make             &&
make test

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

Sub::Exporter::Progressive-0.001013

Sub::Exporter::Progressive の概要

Sub::Exporter::Progressive is a wrapper for Sub::Exporter.

本パッケージは LFS-10.0 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

Sub::Exporter::Progressive のインストール

本モジュールは、標準的なビルドとインストールの手順に従います。

perl Makefile.PL &&
make             &&
make test

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

Sub::Identify-0.14

Sub::Identify の概要

Sub::Identify allows you to retrieve the real name of code references. It is encouraged to migrate to Sub::Util (a core module) when possible.

本パッケージは LFS-10.0 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

Sub::Identify のインストール

本モジュールは、標準的なビルドとインストールの手順に従います。

perl Makefile.PL &&
make             &&
make test

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

Sub::Info-0.002

Sub::Info の概要

Sub::Info is a tool for inspecting subroutines.

本パッケージは LFS-10.0 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

Sub::Info の依存パッケージ

必須

Importer-0.025

Sub::Info のインストール

本モジュールは、標準的なビルドとインストールの手順に従います。

perl Makefile.PL &&
make             &&
make test

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

Sub::Quote-2.006006

Sub::Quote の概要

Sub::Quote provides ways to generate subroutines from strings.

本パッケージは LFS-10.0 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

Sub::Quote の依存パッケージ

推奨 (テストスイートに必要)

Sub::Quote のインストール

本モジュールは、標準的なビルドとインストールの手順に従います。

perl Makefile.PL &&
make             &&
make test

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

Sub::Uplevel-0.2800

Sub::Uplevel の概要

Sub::Uplevel allows you to fool a caller that it is running in a higher stack frame.

本パッケージは LFS-10.0 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

Sub::Uplevel のインストール

本モジュールは、標準的なビルドとインストールの手順に従います。

perl Makefile.PL &&
make             &&
make test

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

SUPER-1.20190531

SUPER の概要

SUPER provides easier methods to dispatch control to the superclass (when subclassing a class).

本パッケージは LFS-10.0 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

SUPER の依存パッケージ

推奨 (テストスイートに必要)

SUPER のインストール

本モジュールは、標準的なビルドとインストールの手順に従います。

perl Makefile.PL &&
make             &&
make test

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

Term::Table-0.015

Term::Table の概要

Term::Table formats a header and rows into a table. This is used by some failing tests to provide diagnostics about what has goen wrong.

本パッケージは LFS-10.0 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

Term::Table の依存パッケージ

必須

Importer-0.025

Term::Table のインストール

本モジュールは、標準的なビルドとインストールの手順に従います。

perl Makefile.PL &&
make             &&
make test

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

Test::Deep-1.130

Test::Deep の概要

Test::Deep gives you very flexible ways to check that the result you got is the result you were expecting.

本パッケージは LFS-10.0 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

Test::Deep のインストール

本モジュールは、標準的なビルドとインストールの手順に従います。

perl Makefile.PL &&
make             &&
make test

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

Test::Exception-0.43

Test::Exception の概要

Test::Exception provides convenience methods for testing exception based code.

本パッケージは LFS-10.0 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

Test::Exception の依存パッケージ

必須

Sub-Uplevel-0.2800

Test::Exception のインストール

本モジュールは、標準的なビルドとインストールの手順に従います。

perl Makefile.PL &&
make             &&
make test

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

Test::Fatal-0.014

Test::Fatal の概要

The Test::Fatal module provides simple helpers for testing code which throws exceptions.

本パッケージは LFS-10.0 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

Test::Fatal の依存パッケージ

必須

Try-Tiny-0.30

Test::Fatal のインストール

本モジュールは、標準的なビルドとインストールの手順に従います。

perl Makefile.PL &&
make             &&
make test

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

Test::File-1.443

Test::File の概要

Test::File provides a collection of test utilities for file attributes.

本パッケージは LFS-10.0 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

Test::File の依存パッケージ

推奨 (テストスイートに必要)

Test::File のインストール

本モジュールは、標準的なビルドとインストールの手順に従います。

perl Makefile.PL &&
make             &&
make test

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

Test::File::ShareDir-1.001002

Test::File::ShareDir の概要

Test::File::ShareDir is some low level plumbing to enable a distribution to perform tests while consuming its own share directories in a manner similar to how they will be once installed. This allows File-ShareDir-1.116 to see the latest version of content instead of whatever is installed on the target system where you are testing.

本パッケージは LFS-10.0 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

Test::File::ShareDir の依存パッケージ

必須

Class-Tiny-1.006, File-Copy-Recursive-0.45, File-ShareDir-1.116, Path-Tiny-0.114, Scope-Guard-0.21

推奨 (テストスイートに必要)

Test::File::ShareDir のインストール

本モジュールは、標準的なビルドとインストールの手順に従います。

perl Makefile.PL &&
make             &&
make test

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

Test::LeakTrace-0.16

Test::LeakTrace の概要

Test::LeakTrace traces memory leaks.

本パッケージは LFS-10.0 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

Test::LeakTrace のインストール

本モジュールは、標準的なビルドとインストールの手順に従います。

perl Makefile.PL &&
make             &&
make test

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

Test::MockModule-v0.173.0

Test::MockModule の概要

Test::MockModule lets you temporarily redefine subroutines in other packages for the purposes of unit testing.

本パッケージは LFS-10.0 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

Test::MockModule の依存パッケージ

必須

Module-Build-0.4231, SUPER-1.20190531

推奨 (テストスイートに必要)

Test::MockModule のインストール

This module is built using Build.PL:

perl Build.PL &&
./Build       &&
./Build test

Now, as the root user:

./Build install

Test::Needs-0.002006

Test::Needs の概要

Test::Needs skips tests if a requested module is not present.

本パッケージは LFS-10.0 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

Test::Needs のインストール

本モジュールは、標準的なビルドとインストールの手順に従います。

perl Makefile.PL &&
make             &&
make test

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

Test::Requires-0.11

Test::Requires の概要

The Test::Requires module checks if another (optional) module can be loaded, and if not it skips all the current tests.

本パッケージは LFS-10.0 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

Test::Requires のインストール

本モジュールは、標準的なビルドとインストールの手順に従います。

perl Makefile.PL &&
make             &&
make test

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

Test::RequiresInternet-0.05

Test::RequiresInternet の概要

Test::RequiresInternet is intended to easily test network connectivity before functional tests begin to non-local Internet resources.

本パッケージは LFS-10.0 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

Test::RequiresInternet のインストール

本モジュールは、標準的なビルドとインストールの手順に従います。

perl Makefile.PL &&
make             &&
make test

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

Test::utf8-1.02

Test::utf8 の概要

Test::utf8 is a collection of tests useful for dealing with utf8 strings in Perl.

本パッケージは LFS-10.0 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

Test::utf8 のインストール

本モジュールは、標準的なビルドとインストールの手順に従います。

perl Makefile.PL &&
make             &&
make test

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

Test::Warnings-0.030

Test::Warnings の概要

Test::Warnings tests for warnings and the lack of them.

本パッケージは LFS-10.0 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

Test::Warnings のインストール

本モジュールは、標準的なビルドとインストールの手順に従います。

perl Makefile.PL &&
make             &&
make test

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

Test::Without::Module-0.20

Test::Without::Module の概要

This module allows you to deliberately hide modules from a program even though they are installed. This is mostly useful for testing modules that have a fallback when a certain dependency module is not installed.

本パッケージは LFS-10.0 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

Test::Without::Module のインストール

本モジュールは、標準的なビルドとインストールの手順に従います。

perl Makefile.PL &&
make             &&
make test

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

Test2::Plugin::NoWarnings-0.09

Test2::Plugin::NoWarnings の概要

Test2::Plugin::NoWarnings causes tests to fail if there are any warnings while they run.

本パッケージは LFS-10.0 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

Test2::Plugin::NoWarnings の依存パッケージ

必須

Test2-Suite-0.000130

推奨 (テストスイートに必要)

Test2::Plugin::NoWarnings のインストール

本モジュールは、標準的なビルドとインストールの手順に従います。

perl Makefile.PL &&
make             &&
make test

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

Test2::Suite-0.000130

Test2::Suite の概要

Test2::Suite is a distribution with a rich set of tools built upon the Test2 framework.

本パッケージは LFS-10.0 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

Test2::Suite の依存パッケージ

必須

Module-Pluggable-5.2, Scope-Guard-0.21, Sub-Info-0.002, Term-Table-0.015

Test2::Suite のインストール

本モジュールは、標準的なビルドとインストールの手順に従います。

perl Makefile.PL &&
make             &&
make test

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

Text::CSV_XS-1.44

Text::CSV_XS の概要

Text::CSV_XS provides facilities for the composition and decomposition of comma-separated values.

本パッケージは LFS-10.0 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

Text::CSV_XS のインストール

本モジュールは、標準的なビルドとインストールの手順に従います。

perl Makefile.PL &&
make             &&
make test

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

Text::Diff-1.45

Text::Diff の概要

Text::Diff performs diffs on files and record sets.

本パッケージは LFS-10.0 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

Text::Diff の依存パッケージ

必須

Algorithm-Diff-1.1903

Text::Diff のインストール

本モジュールは、標準的なビルドとインストールの手順に従います。

perl Makefile.PL &&
make             &&
make test

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

Text::Glob-0.11

Text::Glob の概要

Text::Glob implements glob(3) style matching that can be used to match against text, rather than fetching names from a filesystem.

本パッケージは LFS-10.0 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

Text::Glob のインストール

本モジュールは、標準的なビルドとインストールの手順に従います。

perl Makefile.PL &&
make             &&
make test

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

Tie::Cycle-1.225

Tie::Cycle の概要

You use Tie::Cycle to go through a list over and over again. Once you get to the end of the list, you go back to the beginning. You don't have to worry about any of this since the magic of tie does that for you.

本パッケージは LFS-10.0 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

Tie::Cycle のインストール

本モジュールは、標準的なビルドとインストールの手順に従います。

perl Makefile.PL &&
make             &&
make test

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

TimeDate-2.33

TimeDate の概要

TimeDate provides miscellaneous timezone manipulation routines.

本パッケージは LFS-10.0 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

TimeDate のインストール

本モジュールは、標準的なビルドとインストールの手順に従います。

perl Makefile.PL &&
make             &&
make test

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

Try::Tiny-0.30

Try::Tiny の概要

Try::Tiny provides try and catch to expect and handle exceptional conditions, avoiding quirks in Perl and common mistakes.

本パッケージは LFS-10.0 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

Try::Tiny の依存パッケージ

任意 (テストスイートでの利用あり)

Capture-Tiny-0.48

Try::Tiny のインストール

本モジュールは、標準的なビルドとインストールの手順に従います。

perl Makefile.PL &&
make             &&
make test

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

Variable::Magic-0.62

Variable::Magic の概要

Magic is Perl's way of enhancing variables. With this module, you can add your own magic to any variable.

本パッケージは LFS-10.0 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

Variable::Magic のインストール

本モジュールは、標準的なビルドとインストールの手順に従います。

perl Makefile.PL &&
make             &&
make test

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

WWW::RobotRules-6.02

WWW::RobotRules の概要

WWW::RobotRules parses robots.txt files, creating a WWW::RobotRules object with methods to check if access to a given URL is prohibited.

本パッケージは LFS-10.0 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

WWW::RobotRules の依存パッケージ

必須 (実行時)

libwww-perl-6.46 (install this module first and install that later)

WWW::RobotRules のインストール

本モジュールは、標準的なビルドとインストールの手順に従います。

perl Makefile.PL &&
make             &&
make test

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

XML::LibXML-2.0205

XML::LibXML の概要

XML::LibXML is a perl binding for libxml2-2.9.10.

本パッケージは LFS-10.0 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

XML::LibXML の依存パッケージ

必須

Alien-Libxml2-0.16, XML-SAX-1.02

XML::LibXML のインストール

本モジュールは、標準的なビルドとインストールの手順に従います。

perl Makefile.PL &&
make             &&
make test

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

XML::NamespaceSupport-1.12

XML::NamespaceSupport の概要

XML::NamespaceSupport offers a simple way to process namespaced XML names from within any application that may need them.

本パッケージは LFS-10.0 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

XML::NamespaceSupport のインストール

本モジュールは、標準的なビルドとインストールの手順に従います。

perl Makefile.PL &&
make             &&
make test

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

XML::SAX-1.02

XML::SAX の概要

XML::SAX is a SAX parser access API for Perl. It includes classes and APIs required for implementing SAX drivers, along with a factory class for returning any SAX parser installed on the user's system.

本パッケージは LFS-10.0 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

XML::SAX の依存パッケージ

必須

libxml2-2.9.10, XML-NamespaceSupport-1.12, XML-SAX-Base-1.09

XML::SAX のインストール

This module uses a variant of the standard build and installation instructions:

yes | perl Makefile.PL &&
make             &&
make test

Now, as the root user:

make install

コマンド説明

yes: Perl will ask if you want it to alter ParserDetails.ini and then wait for a response. The default is 'y'. Using 'yes' allows you to script this.

XML::SAX::Base-1.09

XML::SAX::Base の概要

This module has a very simple task - to be a base class for PerlSAX drivers and filters.

本パッケージは LFS-10.0 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

XML::SAX-Base のインストール

本モジュールは、標準的なビルドとインストールの手順に従います。

perl Makefile.PL &&
make             &&
make test

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

最終更新日: 2020-08-18 01:13:28 +0900