OpenJPEG-1.5.2

OpenJPEG の概要

OpenJPEG is an open-source implementation of the JPEG-2000 standard. OpenJPEG fully respects the JPEG-2000 specifications and can compress/decompress lossless 16-bit images.

本パッケージは LFS-8.0 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

OpenJPEG の依存パッケージ

任意

Little CMS-2.8, libpng-1.6.31, LibTIFF-4.0.8 and Doxygen-1.8.13 (API ドキュメント生成のため)

ユーザー情報: http://wiki.linuxfromscratch.org/blfs/wiki/openjpeg

OpenJPEG のインストール

Install OpenJPEG by running the following commands:

autoreconf -f -i &&
./configure --prefix=/usr --disable-static &&
make

このパッケージにテストスイートはありません。

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

コマンド説明

--disable-static: このスイッチはスタティックライブラリをインストールしないようにします。

パッケージ構成

インストールプログラム: image_to_j2k, j2k_dump, j2k_to_image
インストールライブラリ: libopenjpeg.so
インストールディレクトリ: /usr/include/openjpeg-1.5, /usr/share/doc/openjpeg-1.5

概略説明

image_to_j2k

converts various image formats to the jpeg2000 format.

j2k_dump

reads in a jpeg2000 image and dumps the contents to stdout.

j2k_to_image

converts jpeg2000 images to other image types.

最終更新日: 2017-08-16 03:49:48 +0900